この星の格闘技を追いかける

【Shooto BR40】復帰飾ったロウロ、観客席でノヴァ風歓喜の宴

Loro

【写真】盟友の迷レフェリングにもペースを乱されず、しっかりとTKO勝ちしたロウロ (C)ALLAN OLIVEIRA

<バンタム級/5分3R>
マルコ・ロウロ(ブラジル)
Def.2R2分40秒by TKO
ピラォン・サンタナ(ブラジル)

ベラトールで同門のドゥドゥ・ダンタスの持つ世界バンタム級王座に挑戦し敗れたロウロが、ブラジルに戻り、ホームクラウド=マナウスの観客の前で再起を飾った。初回から一回り小柄なサンタナに対し、リーチの差を生かした打撃で攻勢に出たロウロは、テンカオを見せる。ここで組みついたサンタナだがロウロの後方への崩しに体重を浴びせトップへ。オモプラッタから三角絞めと攻めるロウロ。足のフックを解いたサンタナが立ち上って、打撃戦でフックを打ち込む。

残り90秒、右ハイキックから組みついたロウロが、潜るサンタナに対しギロチンへ。と、ここでレフェリーのマルロン・サンドロが、サンタナに意識があるかどうかを確認後、ロウロの体に触れる。このサンドロの行為で、サンタナが落ちたと思いロウロは技を解いて勝利を喜ぶ。

しかし、すぐに起き上がったサンタナは失神していないと抗議。するとサンドロはロウロに試合を続けるよう説得し、試合はスタンドから再開されることに。残り15秒、テイクダウンを決めたロウロはサイドから上四方。パウンドを落しながら混乱の初回を戦い終える。

2R、首相撲からヒザを突き上げるロウロ。サンタナは荒いフックで反撃に出るが、低い姿勢からの腰をコントロールされテイクダウンを許す。ハーフからキムラを仕掛けたロウロ、マウントへ移行するとパンチを連続で入れる。直後にサンドロが試合をストップ。大喜びのロウロはリングを飛び下りて観客席になだれ込むというノヴァウニオン・スタイルを披露した。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN