この星の格闘技を追いかける

【RFC12】印象点稼げず、小見川がクォン・ベヨンに敗れる

Kwon Bae Yong vs Michihiro Omigawa

【写真】2R中盤、自ら仕掛けたテイクダウンを崩され、背中をマットにつけた小見川。試合を通して小見川のテイクダウンは1度、クォン・ベヨンは2度だった(C)MMAPLANET

<RFCフェザー級王座決定T1回戦/5分2R>
クォン・ベヨン(韓国)
Def.2-1
小見川道大(日本)

低い構えの小見川に対し、右前蹴りを見せたクォン・ベヨン。小見川は組んで足払いを見せるも、クォン・ベヨンは倒れない。右のショートから左ストレートを打ちこみ組みついた小見川は、ダブルレッグダイブからテイクダウンを奪う。クォン・ベヨンのギロチンを抜け、左のパウンドを落す小見川が立ち上ると、蹴り上げてクォン・ベヨンが立ち上がる。

前に出て細かいパンチを繰り出す小見川、クォン・ベヨンのワンツーにしっかりと距離を取る。ケージ中央で組み合いのなかでクォン・ベヨンが見せた崩しを切り、右を打ち込んだ小見川。続くクォン・ベヨンのテイクダウンもスプロールするが、クォン・ベヨンのワンツーを顔面に受ける。左を伸ばした小見川、クォン・ベヨンのローに大きな声援が送られる。組みついた小見川は、ケージにクォン・ベヨンを押し込む。残り20秒を切り、体を入れ替えたクォン・ベヨンがダブルレッグと大内刈りの合わせ技でテイクダウンを奪い初回が終了した。

2R、右ミドルを見せるクォン・ベヨン。続いて飛びヒザを見せる、空振りや浅い当たりでも大歓声が起こる館内はクォン・ベヨン・コールに。組んで小外掛けを仕掛けた小見川だが、クォン・ベヨンが距離を取る。と、クォン・ベヨンが右フックを放った際、小見川は左フックを空振りしており、その勢いでバランスを崩し、ヒザをつく。すぐに起き上がった小見川は、前に出るもやや手数が少なくなってくる。

クォン・ベヨンの左をよけて、左を繰り出す小見川。続く左アッパーもかわして組みつくが、自ら距離を取る。パンチから組みついた小見川は小外掛けを見せるも、体重を掛けられ逆にテイクダウンを奪われてしまう。すぐに立ち上がった小見川が組みつくも、残り時間は1分を切っている。クォン・ベヨンの首相撲にフックを合わせ、距離を取った小見川が右から左を打ち込み前に出る。クォン・ベヨンの手を出すが、打ち勝っているのは小見川だ。

最後にダブルレッグを仕掛けたが、タイムアップとなり小見川は小さくガッツポーズを見せた。ケージ中央で勝者コールを待つ両者、ともに手を挙げて勝利をアピールするが、コールはクォン・ベヨンに。小見川は非常に微妙な判定で敗れた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY