この星の格闘技を追いかける

【RFC12】打撃戦制した野地竜太、グラウンドでのヒザでケリ

Ryuta Noji vs Kim Ji Hoon

【写真】結果的に日本勢唯一の勝者となった野地竜太。試合開始直後にキム・ジフンが組みにいったが、以降は打撃一辺倒となった試合を制した(C)MMAPLANET

<ライトヘビー級/5分3R>
野地竜太(日本)
Def.2R3分01秒by TKO
キム・ジフン(韓国)

距離を詰めた野地、体を入れ替えたキム・ジフンがケージに押し込んでいく。細かいパンチ、ヒザ蹴りの応酬が続き、キム・ジフンのテイクダウン狙いを耐えた野地がギロチンを仕掛ける。そのまま小外掛けでキム・ジフンがテイクダウンを奪うと、野地のブリッジに腕十字を合わせる。体を押しいれトップを取った野地は、立ち上がったキム・ジフンに首相撲からヒザ蹴りを突き上げる。

ヒザ蹴りを続ける野地、右ストレートから左ミドルで追撃を掛けるも、キム・ジフンも右ストレートを打ちこんでペースを譲らない。キム・ジフンの右ローに対し、右ストレートを入れた野地。左ジャブから右ミドルを入れるが、逆に右フックを受ける。野地はここで怯まず、ストレートからヒザ、左右のパンチ、再びヒザの連打と猛攻を見せる。何とか組みついたキム・ジフンだが、野地は突き放し、ハイキックからストレート、さらに首相撲からヒザと攻め込む。劣勢のキム・ジフンも左右のフックからハイキックで逆襲し、初回が終了した。

2R、左ジャブで距離を詰め、左右のロー&ハイを放つ野地に対し、キム・ジフンは下がりながらも時折り思い切りフックを放っていく。野地は再び距離を詰めて、首相撲からヒザを連打する。野地は右ストレートからショートアッパーで距離を詰め、ダーティボクシング。距離を取りなおすと、ジャンピングハイキックを見せる。キム・ジフンの左フックを受けた野地だが、ショートアッパーからフックを返し、右フックを思い切り打ち込む。アッパーからヒザ蹴り、ボディブローで動きが止ったキム・ジフンが腰砕けになると、野地は顔面に思い切り左ヒザを入れる。後方に倒れこんだキム・ジフンの顔面にさらにヒザとパウンドを重ねた野地が、TKO勝ちを手にした。左ヒザが入った時点で、ストップしても然り――遅いストップが気になるレフェリングだった。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN