この星の格闘技を追いかける

【RFC12】レスリング+レスリング+レスリング=キル・ヨンボック

Kil Young Bok vs Kim Wong Gi

【写真】圧倒的なレスリングの強さを見せつけたキル・ヨルボック。今後、上位陣と当たることを考えると、打撃の精度を高めたいところだ(C)MMAPLANET

<RFCフェザー級王座決定T1回戦/5分2R>
キル・ヨンボック(韓国)
Def.3-0
キム・ウォンギ(韓国)

ウォンジュ在住、元レスリング国家代表のキル・ヨンボックが、大声援を受けてケージへ。試合開始早々組みつき、キム・ウォンギのバックに回ったキル・ヨンボックは代名詞といえるバックスープレックスを見せる。バックを譲ったまま立ち上がったキム・ウォンギは胸を合わせ、キル・ヨンボックが距離を取る。直後にパンチを振るいながら前に出ると、キム・ウォンギがバランスを崩して尻餅をつく。すぐに立ち上がったキム・ウォンギは後方にテイクダウンを許しながらも、そのまま腕十字へ。

腕を引抜いたキル・ヨンボックは、立ち上がったキム・ウォンギをがぶってヒザを蹴り、シングルレッグから、ボディロックへ。結局、一本脇を差した状態で、テイクダウンを奪いレスリングの強さを見せる。ヒップエスケープから柔術立ちでスタンドに戻ったキム・ウォンギは続くキル・ヨンボックのシングルレッグは頭を押し、パンチを入れて逃れるもケージに押し込まれて、ボディロックから尻餅をつかされる。

ここでも、すぐに立ち上がったキム・ウォンギはヒザを突き上げ、距離を取り直す。ハイキックでキル・ヨンボックの状態を反らせるキム・ウォンギだったが、続くダブルでまたも尻餅をつかされる。すぐに立ち上がるキム・ウォンギだが、打撃を入れることなく最後もダブルで倒され、劣勢のまま初回が終了した。

2R、キム・ウォンギの右ローを受けたキル・ヨンボックが間合いを計る。右を振るってシングルに出たキル・ヨンボックだが、キム・ウォンギは足を引抜いて逆にケージに押し込んでいくと、バックに回り込む。足をフックしようとしたキム・ウィンギは、パンチを入れたところで前方に振り落される。ここでもキム・ウォンギはすぐに立ち上がるが、キル・ヨンボックが右脇を差してケージに押し込む。

自ら距離を取ったキル・ヨンボック。やや遠い距離からダブルレッグを成功させると、足を払ってパウンドを落していく。腰をコントロールし立ち上がったキル・ヨンボックに対し、キム・ウォンギはビクトル投げからヒザ十字を狙う。足を畳んで対処したキル・ヨンボックは、左のパンチを顔面に入れる。キム・ウィンギは再び腰をコントールされ、背中をマットにつけたところでサイドを奪われる。背中を預けて立ち上がったキム・ウォンギは、ここで大きく投げられタイムアップに。打撃を捨てたような戦い方のキル・ヨンボックが、問題なく判定勝ちを収め、大きな声援を受けた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY