この星の格闘技を追いかける

【UFN79】秋山、大熱戦を繰り広げるもスプリット判定で敗れる

<ウェルター級/5分3R>
アルベウト・ミナ(ブラジル)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
秋山成勲(日本)

ファンの大歓声に迎えられてオクタゴンに上がった秋山。ブルース・バッファーからはチュ・ソンフンとコールされた。試合が始まると、秋山はジャブと前足を上げるフェイントで前に出ていく。互いに右ローを蹴り合い、ミナはジャブ・インローから右ストレートを打ち込む。一旦、距離が離れるとジャブ・ローで距離を探る展開が続き、ミナは顔面前蹴りや右ローを見せて左フック、秋山も左右のローを蹴り返す。

細かくフェイントを入れて前に出る秋山。ミナはシングルレッグを狙い、すぐに飛びヒザ蹴り。ミナが右ストレートから前に出ていくと、秋山もすぐさま左を返す。そして終了間際、ミナがダブルレッグで飛び込み、そのままテイクダウン。秋山もすぐにミナの体を足で浮かせて立ち上がろうとするが、ミナは秋山のバックに回り込んで腕十字を仕掛ける。ここでラウンド終了のブザー。ほぼ互角の展開の中、最後の攻防がどうジャッジに影響するか。

2R、右ローを蹴ってプレッシャーをかける秋山。これでミナの体が流れ、秋山は一気にパンチをまとめる。さらに秋山は右ローを効かせて、金網を背負うミナに右アッパーを突き上げる。パンチのフェイントから右ローにつなげる秋山。ミナも左アッパーから右を伸ばすが勢いがない。

残り2分、ミナが秋山のローをキャッチしてテイクダウンを仕掛け、距離を取る秋山に右アッパー、左フック、右フックと手数を増やして前進する。ここでミナの前蹴りがローブローとなり、秋山にインターバルが与えられる。再開後、前に出るミナに右ハイキックを蹴る秋山。ミナは左フックで飛び込み、ダブルレッグで組みつくと首相撲からヒザ蹴りを突き上げる。

さらにミナは右フックを立て続けに叩き込み左フック。これで秋山が崩れ落ち、ミナが一気にパンチを落とす。亀になって立ち上がる秋山だが、ミナに背中を見せたままになってしまい、ミナのパンチを被弾してしまう。大ピンチを迎えた秋山だったが、ここはラウンド終了のブザーに救われる。

3R、ミナは右ローと右ストレート。秋山も右ストレートを返し、ミナを下がらせる。さらに秋山は組みつこうとするミナに右アッパーを突き上げ、ミナの動きを止める。秋山はミナのタックルを切りながらワンツー、右ストレート。ミナはタックル→引き込みを繰り返すが、秋山は付き合わない。

中盤、秋山の右ローをとってテイクダウンするミナ。すぐに立ち上がった秋山が上のポジションを取り返して鉄槌を落とし、距離を取ってスタンドでの展開を要求する。残り1分、ミナはテイクダウン→引き込みを続け、秋山はスタンドを要求。試合残り時間が少なくなると、秋山は引き込むミナをパウンドで攻め込み、ミナの足関節を潰してパンチを落とす。

ここで試合終了となり、判定はスプリットでミナに軍配。2Rの大ピンチを乗り越えて、3Rに猛攻を見せた秋山だったが、あと一歩のところで勝利を逃した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie