この星の格闘技を追いかける

【UFC161】死力尽くしたデイヴィス、判定でセクストン下す

2013.06.16

<女子バンタム級/5分3R>
アレクシス・デイヴィス(カナダ)
Def.3-0:29-28, 29-27, 29-28
ロジー・セクストン(英国)

インヴィクタFCで日本の赤野仁美に勝利しているデイヴィスが、ベテランファイターのセクストンと対戦。左を伸ばすデイヴィス、セクストンも右を打ち込み、試合は激しい乱打戦に。首相撲からヒザをボディに蹴り上げたデイヴィスは、さらにヒザを続ける。デイヴィスは腰に手を回し、テイクダウン狙いへ切り替えるも、セクストンがケージを背にして粘る。

距離を取ったデイヴィスは右エルボーを狙うも届かない。セクストンはダブルレッグに出ると、デイヴィスは三角絞めへ。左足を引き寄せて固めるも、セクストンもパンチを落していく。左腕を送り、ヒザを抱えて絞めつけるデイヴィス。体重を掛けてルーズにしたセクストンはパンチを落しながら耐えきった。

2R、左を伸ばすデイヴィス。セクストンも右を返す。ヒザを受けながら、セクストンはケージにデイヴィスを押し込むと、払い腰からサイドへ。ハーフに戻したセクストンは蹴りはがし、リバーサル。インサイドからエルボーを落し、鉄槌の連打につなげる。さらにバックに回ってヒザ、パンチ、ハーフバックへリアネイキドチョークに入り、体重を掛けると再びパウンドへ。

両足フックから背中を伸ばしたデイヴィス左右のパウンドを落し、エルボーへ、殴られるままのセクストンだったが、ここは時間に救われた。

最終回、テイクダウン狙いから引き込み、バックに回ったデイヴィス。そのまま四の字フックでバックマウントを完成させる。胸を合せたセクストン、デイヴィスはハイガードから腕を狙うも極め切れない。インサイドからパンチを落すセクストンに対し、デイヴィスはやや疲れたか、担がれそうになり背中を見せてしまう。巧みにセクストンを前方に落したデイヴィスが立ち上ると、セクストンが蹴り上げを見せたところでタイムアップに。疲労困憊のデイヴィスが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Movie