この星の格闘技を追いかける

【UFC161】クラーク、判定決着で白星拾う

2013.06.16

<ライト級/5分3R>
ミッチ・クラーク(カナダ)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
ジョン・マグワイア(英国)

ピンクが貴重のマグワイア、クラークが右を伸ばす。クラークのローに左を合せようとするマグワイア、慎重な立ち上がりを見せる。細かい牽制が続くなか、クラークのパンチが左目に入り、試合が一時中断する。再開後、ややペースが上がった両者。ハイを受けそうになったマグワイアが、組みついてバックに回る。残り1分でスタンディング・バックマウントの状態になるも、すぐに着地したマグワイア。クラークが体を入れ替えるが、シングルからバックに回ったところで、初回が終了した。

2R、再びジャブの牽制が続くなか、クラークは蹴りを交えて能動的に試合を進める。しかし、マグワイアはその蹴り足をキャッチしてテイクダウンへ。クローズドを取ったクラーク、試合は動きの少ない展開が続く。起き上がったクラークがシングルに出るも、膠着状態は変わらずブレイクへ。再開後、組みついてバックに回ったマグワイアが、寝技に持ち込んだところでタイムアップへ。

最終回、ペースの上がったクラークだが、組みついてケージにマグワイアを押し込むという展開へ持ち込む。それでもバックに回り込んだのはマグワイアで、寝技に持ち込み四の字フックで固める。ケージを蹴り上げるクラークだが、ポジションを返せない。残り30秒でトップを取ったクラークがパウンドを落し、サイドへ。立ち上がってパウンドを落そうとするところで、タイムアップへ。結果、序盤の2Rを落したと思われたクラークが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY