この星の格闘技を追いかける

【UFN79】秋山成勲「勇気を持ってもらえるなら……」&キム・ドンヒョン「絶対に軽視することはない」

Yoshihiro Akiyama【写真】お茶の間では愛娘サランちゃんと共に御馴染の秋山が8年1カ月振りに韓国で戦う (C)MOOzine

25日(水・現地時間)、28日(土・同)に韓国ソウルのオリンピック公園第一体育館で開催されるUFN 79「Henderson vs Masvidal」の公開練習が同地ヨンドゥンポにあるタイムズスクエア・アトリウムで行われた。
Text by Choi Woo-Suk

メインで対戦するベンソン・ヘンダーソンとホルヘ・マスヴィダル、キム・ドンヒョン、チェ・ドゥホ、ハム・ソヒ、そして秋山成勲の6選手がエントランスに設けられたケージで公開練習を行い、司会者との質疑応答で抱負を語っている。そんなオープンワークアウトから、今回は秋山成勲とキム・ドンヒョンの声をお届けしたい。

秋山成勲

──第2の故郷、韓国でUFCが開かれます。

「ダナ・ホワイト社長に韓国大会出場を申し出ていました。実現し嬉しい限りです。それだけ良い試合をします」

──そもそもなぜ柔道からMMAへ転向したのでしょうか。

「ここにいる皆は自分が柔道をやっていたことを知らないと思います。ただ、サランのパパだと思っているはずじゃないですか(笑)。昔は柔道をやっていて、少しは上手かったです。で、たままたMMAを始めて結婚し子供が生まれ、今ここに立っています(笑)」

──引退を考える時期に来ていると思います。MMAに拘る理由は?

「年をとり、プロのMMAファイターとしてはお爺ちゃんです。ずっと続けることが困難だとは分かっています。ただ、こんな自分の試合を見た人が、1人でも勇気を持ってもらえるなら試合に出たいんです」

──対戦相手のアルベウト・ミナの印象を教えてください。

「柔道の経験者だと聞いています。柔道家には負けたくない。素晴らしい大会に相応しい対戦相手を与えてもらって感謝しています」

Kim Doung Hyunキム・ドンヒョン

──対戦相手が急に変わりました。

「作戦もできていたし、あの時点で対戦相手が変わるのは大変であることは間違いないです。でも、相手も2週間前に試合のオファーを受けてくれて感謝しています。そのおかげで試合ができるので、そこはとても嬉しいです」

──ハム・ソヒが練習中に苛められると言っていましたが(笑)。

「人を苛めるのはハム・ソヒの専売特許です(笑)。まぁ、自分もガンガンやりますが、ハム・ソヒだけにそうするのではなく、皆平等に苛めています(笑)」

──対戦相手のウォーターズは格下の相手ですね。

「試合は何があるか分からないので、絶対に軽視することはないです。ランキング的に下の相手であって、確実に勝つよう練習を積んできたので」

──何か、ウォーターズ戦用の秘密兵器はありますか。

「秘密です。試合で見せるので、期待してください」

■ UFN79対戦カード

<ウェルター級/5分5R>
ベンソン・ヘンダーソン(米国/7位※)
ホルヘ・マスヴィダル(米国)

<ウェルター級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国/7位)
ドミニク・ウォーターズ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
秋山成勲(日本)
アルベウト・ミナ(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
チェ・ドゥホ(韓国)
サム・シシリア(米国)

<フェザー級/5分3R>
ナム・ウィチョル(韓国)
マイケル・デラトーレ(米国)

<ライト級/5分3R>
バン・テヒョン(韓国)
レオ・クンツ(米国)

<ミドル級/5分3R>
ヤン・ドンイ(韓国)
ジェイク・コリアー(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ハム・ソヒ(韓国)
コートニー・ケイシー(米国)

<フライ級/5分3R>
ヤオ・ジークイ(中国)
フレディー・セラーノ(コロンビア)

<バンタム級/5分3R>
ニン・グォンユ(中国)
マルコ・ベルトラン(メキシコ)

<ウェルター級/5分3R>
ドミニク・スティール(米国)
キム・ドンヒョン(韓国)

※ライト級

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie