この星の格闘技を追いかける

【UFC161】北米MMAらしい裁定で、ジャボウィンが判定勝ち

2013.06.16

<バンタム級/5分3R>
イーブ・ジャボウィン(カナダ)
Def.2-1:29-28, 28-29, 29-28
ダスティン・ペイグ(米国)

オーソドックスの構えから左足でハイやミドルを見せるジャボウィン。距離を詰めてきたペイグに左ミドルを打ち込むと、バランスを崩したペイグからトップを奪う。三角やリバーサルを狙うペイグに右エルボーを落したジャボウィンは、腕ひしぎ腕固めを抜けて重いパンチを落していく。続くペイジの腕十字は、かなりタイトに映ったが、ジャボウィンが腕を引抜いて担ぎパスへ。

足を戻したペイグ、今度はヒールフックで攻めていく。左ヒザを伸ばして耐えるジャボウィンだが、回転しながら執拗に足を狙い、最終的にはトップを奪取する。右エルボーを落とし、マウントを奪取したペイグ。ジャボウィンのロールに対し、即三角を仕掛けるも、トップを取られてパウンドを受けて初回を戦い終えた。

2R、首相撲から足払いでトップ、そのままニアマウントに入ったペイグ、多彩な攻めを見せる。マウントからエルボー、左パウンドを落すペイグに対し、ジャボウィンは背中を向けてしまう。そのまま仰向けになりリアネイキドチョークをペイグが仕掛ける。ジャボウィンは胸を合せようとすると、巧みにマウントに戻ったペイグが再び、エルボー&パンチを落す。

足を戻したシャボウィンがリバーサル、ペイグの三角絞め狙いをしっかりと察知してインサイドガードへ。残り1分を切り、再び腕十字をペイグが仕掛けるも、スピード&キレともに欠けてきた。シャボウィンは2Rも最後はトップを取った状態でタイムアップを迎えた。

最終回、すぐにテイクダウンを奪ったのはジャボウィン。インサイドからパンチを繰り出すジャボウィン、ハイガードを見せるペイグだが、疲れて動きが重い。立ちたいペイグの首を殺して抑え込むジャボウィンだが、レフェリーがブレイクを命じる。再開後、フライング・バックキックを見せたジャボウィン。距離が足りず組みついてごまかすが、しっかりとスプロールしたペイグがトップを取り、マウントへ。

エルボーを丁寧に落すペイグは、ポジションを守ることに重きを置いているが、ジャボウィンはここでも体を入れ替えていく。ペイグも三角絞めで応えたが、これを防がれるとまたもラウンド終了間際にトップを許すことに。三角から腕を捻るペイグをジャボウィンが担いだところで試合終了を迎えた。タフマッチ、初回のペイグの関節技と、ジャボウィンのパウンド、どちらをジャッジは取るのか。マウント奪取とガードからの仕掛けのペイグ、最後はトップを取るジャボウィン、ジャッジはスプリットで後者を選んだ。北米MMAらしい、裁定だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie