この星の格闘技を追いかける

【UFN78】最終回を取り切ったブスカペが、エスクデロから判定勝ち

<ライト級/5分3R>
レアンドロ・ブスカペ・シウバ(ブラジル)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
エフライン・エスクデロ(米国)

サウスポーのブスカペとオーソのエスクデロ。TUFラテンアメリカ02コーチのエスクデロに当然のように声援が集まる。ブスカペが左ミドル、前に出たエスクデロのワンツーはクリーンヒットしない。ケージを背負い気味のブスカペは、メヒココールのなかで右ローを蹴っていく。動きの少なさにすぐにブーイングが起こった館内で、エスクデロが右ミドル、ブスカペも左ミドルを返して組み付くとケージへ。離れたブスカペがワンツーから右ハイ。エスクデロのダブルレッグからシングルを切ったブスカペが再びワンツー、右ストレートを被弾しても怯まずテイクダウン狙いを切ってパンチを放っていく。最後もパンチをまとめたブスカペが初回を取ったか。

2R、軌道を変えるような右ハイを繰り出したブスカペ。サークリングを駆使して左ストレートを伸ばす。右アッパーにテイクダウンを合わされ、背中をマットにつかされたブスカペはバタフライガードを取る。前腕を押し付けるエスクデロは、立たれるのを嫌がり振りの大きなパウンドは落とせない。腰を上げたエスクデロに対し、ブスカペは即立ち上がると直後に2度目のテイクダウンを奪われてしまう。

今度はクローズドガードを取ったブスカペに対し、エスクデロはトップキープから足を抜いていく。ここでハーフガードのブスカペが潜りスイープを仕掛けるも、エスクデロがバランスを保つ。再びクローズドに取ったブスカペはケージ際に移動して立ち上がりに。腰をコントロールして許さないエスクデロは、立ち上がろうとするブスカペにパンチを連続で入れラウンドを取り返した。

最終回、パンチで前に出るエスクデロ。ブスカペもワンツーを返して前に出る。ブスカペは右ジャブから左ストレートに戻る。ここは受けに回れないことを理解しているブスカペは、エスクデロのテイクダウン狙いもすぐに体を入れ替え逆にケージに押し込んでいく。離れたブスカペは右ストレートを入れ、テイクダウン狙いを切る。続いて右から左を入れ、さらにボディから顔面に左を打ち込む。至近距離で左フックを被弾したエスクデロは組みつくが、ここもケージまで運ぶのはブスカペ。

徹底してエスクデロのテイクダウン狙いを切ったブスカペはがぶりからバックに回って両足をフック。胸を合わせようとするエスクデロに対し、ワンフックで背中に張り付く。エスクデロは後方にエルボーを入れるも、ツイスターのフックから背中に乗り直したブスカペがしっかりとバックをキープする。最後の30秒で守勢に回ったエスクデロは、最後に後方からパンチを受けタイムアップに。

結果、3Rをまとめたブスカペが3‐0の判定勝ちを決めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie