この星の格闘技を追いかける

【UFC165】9/21 トロントでジョン・ジョーンズ×グスタフソン!!

UFC165

【写真】ゲガール・ムサシ戦の代わりとなる試合はなく挑戦権を手にしたアレキサンダー・グスタフソン、4月にチェール・ソネンを破って5度目の王座防衛に成功しているジョン・ジョーンズ (C)FIGHTMAGAZINE & GONGKAKUTOGI

13日(木・現地時間)にUFCより、9月21日(土・同)にトロントのエアカナダ・センターで開催されるUFC165のメインでUFC世界ライトヘビー級選手権試合ジョン・ジョーンズ×アレキサンダー・グスタフソン戦が行われることが発表された。

これが6度目の王座防衛戦となるチャンピオンにとって、実に3度目のトロントでの防衛戦となる。2011年12月にリョート・マチダ、昨年9月にヴィトー・ベウフォートを倒しているジョーンズ。挑戦者アレキサンダー・グスタフソンは今年の4月に母国スェーデンでゲガール・ムサシと対戦予定だったが、目尻をカットしたことが原因でスウェーデンMMA委員会から出場許可が出なかった。そのまま王座挑戦権を獲得したグスタフソンは、すぐにツイッターで「ジョン・ジョーンズ、君とケージに入る日が待てない」とツイートしている。

最強のチャンピオンに対し、グスタフソンが勝利にするには徹底的にテイクダウンのディフェンス力をあげること。ライトヘビー級のファイターには珍しい、角度をつけた間合いのコントロールを駆使するグスタフソンだけに、即・距離を詰められることだけは避けたい世界王座挑戦試合だ。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie