この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL10】パンチは当てた廣田、スープレックスに……

2013.06.09

<フェザー級/5分3R>
ホドリゴ・ダム(ブラジル)
Def.2-1:29-28, 28-29, 29-28
廣田瑞人(日本)

左を伸ばした廣田、さらに左を伸ばすが右を逆に受ける。ダンがローから左ミドルを繰り出すと、廣田が距離を詰める。再び距離を取り、左ジャブを打ち込んだ廣田は、プレッシャーを掛けてケージ際にダンを押し込むと、テイクダウン狙いを2度に渡り防ぐ。しかし、続く攻防のなかでダンの左を受けて腰を崩した廣田が、組みつかれてバックを許す。

尻餅状態から立ち上がり、右のオーバーフックを耐える廣田は左ヒザを突き上げて距離を取り返す。右から左を打ち込んだ廣田は、左ボディを決める。ダンの右に大きな声援が起るも、廣田は左アッパーから左フック、右を受けながらも右を返す。左右のローを見せたダン、廣田は再び右を被弾するも左ボディフックを打ち込みラウンド終了を迎えた。

2R、左を振るって前に出る廣田に対し、距離を取るダンはカウンター狙い一本槍か。それでも左を多用する廣田は、ダンの左はブロックするが、パンチに合わせて距離を取るだけで会場が大きく沸いてしまう。廣田はローを受けながら、左を打ち込む。ダンは変わらずリーチを生かしてパンチを見せるも、廣田は見切って左を伸ばす。右から左で前にでる廣田、さらにローを蹴り込み左に続ける。

打撃のプレッシャーで上回る廣田だが、何せ観客のリアクションが薄い。パンチが大振りになったダンのシングルを切った廣田は、左ジャブを伸ばして右ローへ。ジャブの相打ちからロー、右には下がって前に出た廣田が盛り返した2Rだった。

最終回、絶対にラウンドを落せない廣田は左ジャブを伸ばすも、ダンも左を返す。右ボディから組み距離を詰めた廣田に、ダンがテイクダウンを仕掛けるも、しっかりとスプロールして距離を取る。引き続き左ジャブを伸ばす廣田に、ダンも右を伸ばす展開が続く。左ボディから右をヒットした廣田は、左の連打からダンのテイクダウンを切る。

右ボディフックに続く左は空振りになった廣田、振りの大きなダンの右、蹴りに場内が沸く。完全に精度で上回る廣田の打撃に対し、ローを蹴り込んだダン。廣田も完全に試合を支配するという展開には持ち込めないが、右ボディから左を振るっていく。

残り1分、ダンにテイクダウン狙いからバックを許し、後方へ大きな投げを許してしまった廣田。足をフックさせず立ち上がると、左フックを打ち込む。左をダブルに打ち込んだ廣田だが、試合はそのままタイムアップに。打撃ではリードしたが、投げは確実にマイナス印象を与えたと思われるが――果たしてジャッジの裁定は、スプリットでダンに。廣田は2連敗となり、厳しい局面に追いこまれた。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN