この星の格闘技を追いかける

【WSOF-GC】WSOFではなく、WSOF-GCが来年2月7日にTDCホール大会を開催!!

WSOF-GC【写真】左よりダーレン・ウォーレンDOP(オペレーション・ディレクター)、ショーン・ライト社長、小見川、デュネッサ・ヘッサーD&A、リングガールのミッシェル・オーウェン、児山、ジェイソン・リリーOPV(オペレーション副代表)という会見出席者 (C)GONGKAKUTOGI

11日(水)、東京都文京区の東京ドームホテルでWSOF-GC(World Series of Fighting Global Championship)の記者会見が行われ、来年2月7日にTDCホールで日本大会が開催されることが発表された。

会見の冒頭でWSOF-GCは米国国外を主戦場とし、米国内では地域的な活動も行いつつ世界中のファイターを集結させる。そして、地球的規模で本当の世界チャンピオンを世界中に広めるという活動目的が明らかになった。

また、日本の格闘技界の伝統的なリーダーの数人と協力し、日本人選手の日本だけでなく世界での活躍を後押しするということで最初に児山佳宏とサインし、11月21日に中国で試合をすることが決定。また日本大会には小見川道大の出場と、ヘビー級世界戦の実施、日本×世界という名目で、米国だけでなくハンガリー、モンゴル、フランスから選手を招聘するという説明があった。

なお日本での中継はサムライTVと交渉中、中国はCCTV5、11月21日を皮切りに中国でイベントを開催し、計12大会を中国で開くこと。今後、韓国、フィリピン、豪州、UAE、アルゼンチン、インド進出で開催を視野にいれイベントは世界各地にストリーミング中継していくことなども併せて発表された。

レイ・セフォー率いるWSOFとは別組織で、世界で活動していくために袂を分かち、WSOFと契約中の岡見勇信の参戦は現時点ではないことも明らかとなったが、日本の協力団体についてはノーコメントだった。

WSOF-GC日本大会に出場する小見川は「僕は目の前に用意された相手をMMAの中で戦う柔道家として倒すだけ」と抱負を語り、中国大会でキュセイン・カリエフとライト級トーナメント初戦で戦うことが決まっている児山は「もっと強くなるために、大きなチャレンジが必要。海外での試合は大きなチャレンジで、トーナメントを勝ち残り2月の決勝に残りたい」とコメントした。なお同トーナメントではカーロ・プラター×ディラン・フッセル戦が組まれることとなっている。

WSOFといえば、2年前にWSOF JAPANがパンクラスとの協力で発足し、一度は日本大会の開催も発表されながら、なし崩しに頓挫した過去がある。今回オーナーは同じでも、別ブランドという説明がなされ、WSOF-GCではその苦い経験を生かしグローバル展開を行うということだが、実体が見えづらいという印象は拭えなかった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie