この星の格闘技を追いかける

【OFC09】バンタム級GP優勝 上田将勝「次はビビアーノしか…」

Masakatsu Ueda

【写真】最後はマウントからパンチを落すという展開のなかで、試合を終えた (C)MMAPLANET

5月31日(金・現地時間)にフィリピン、マニラのSMモール・オブ・エイジア・アリーナで開催されたOFC09「RISE TO POWER」で、バンタム級GPファイナルでケビン・ベリンゴンとの激戦に勝利した上田将勝。

キャリア初の大流血に見舞われながら、最後は「勝ちたい」という一心で前に出た上田の試合後の声をお届けします。

――最終回、苦しい展開となりましたが判定勝ちおめでとうございます。

「ありがとうございます」

――顔面が真っ赤に染まりました。

「試合でカットをしたのは初めてでした。流血をしているのも自分で分かっていたので、焦りも感じていました」

――それでも途中で、止ったようにも見えましたが……。

「それは自分ではチョット分からなかったです」

――ドクターストップなど心配になりませんでしたか。

「心配はしたのですが、レフェリーの様子を伺っていると、止める気配がなかったので大丈夫だと思いました。だから、カットもそんなに深くないという風に思って戦い続けました」

Bellingon vs Ueda 02【写真】3Rのこの蹴り上げか、直後のパンチの応酬でカットしたようだが、恐らくはこの蹴りのように思われる(C)MMAPLANET

――試合を振り返って、満足している点をまず教えていただけますか。

「良かった点は最終ラウンドに追い込まれているなかで、テイクダウンを奪えたことですね。ただ、打撃がダメでしたし、課題の残る試合になりました」

――右ジャブやストレートは当たっていたように見えたのですが、手応えはなかったですか。

「怖くて攻めることが出来なくて、お見合いばかりをしていたのが……。あれではダメだと思います」

――打撃を含めてのテイクダウンなのですが、かなり遠い距離から腹這いに一度なるような形は、蹴り上げ有りのなかでは怖かったです。

「ケージレスリングを見せたかったのですが、できなかったです(苦笑)」

鈴木(洋平トレーナー) ケビン・ベリンゴン選手が低空の仕掛けに対する打撃をよく研究していました。

Bellingon vs Ueda【写真】一度、このような態勢になってから押し込み上を取る事も少なくない上田のスタイルは、距離を取られるとすぐに立ち上がるなど、OFCルールではアジャストが必要だ(C)MMAPLANET

――そういうなかでは上田選手の言われた最終回のテイクダウンが、打撃の間合いのなかでケージに詰めてから、クリアに決めることができた。あの形が本来、狙っていたテイクダウンなのかと。

「自分からの仕掛けは、あまり上手い方じゃないんで、もっと練習しないといけないです」

鈴木 以前、指摘してもらったようにベリンゴンの変則的な蹴りにプレッシャーを感じていたようです。そのなかで最後は追い込まれて、開き直ったからこそ決まったテイクダウンだと思います。

――いつも試合に対して恐怖を口にする上田選手ですが、追い込まれたところで逃げに入らず、打撃戦に応じることができるなど、最後の最後のところで心の強さが感じられました。

「最後はあのままだと負けると思ったので、勝ちたい一心で戦っていました。勝つために、打ち合いテイクダウンを狙いました」

――ああいう時は、恐怖心はなくなるのですか。

「とにかく勝って、皆に喜んでもらいたいっていう気持ちになるんです」

――ところでマウントを取られた時は、どのような気持ちになったのですか。

「それは……、他の人にもマウントを取られたことは聞いたんですが、覚えていないんです。ベリンゴン選手の打撃はとにかく強かったです」

鈴木 あそこの場面は組んでもダメージがあって、腰砕けのような感じになってしまったんでしょうね。

――では、覚えていなくて最後はテイクダウンからマウントを奪取したということなのですか。

「最後の方は、少し記憶が飛んでいます」

鈴木 どうやって自分が動いていたのか、あまりクリアになっていないんですよ。

「とにかく腰が重かったです。それと少しスリッピーで取り辛かったです」

――ともあれOFC参戦時の目的だったトーナメント制覇がなりました。そして、次のステップが待っています。ビビアーノ・フェルナンデスの試合は見られましたか。

「ところどころですが、見ました。岡嵜(康悦)さんの踏ん張りが凄かったです」

――少しビビアーノの粗が見えたのではないかと。

「今日はそういうことは考えずに、帰国してから思いっきり考えたいと思います(笑)」

――OFCでは8月2日が次回大会のようですが。

「少し休みたいですけど、オファーが来るなら戦います。一度、ベラトールでリリースされているので戦える場があることが、本当に嬉しいです。必要としてもらえるなら、短期間のインターバルでも頑張ります」

――暫定王者のビビアーノ・フェルナンデス、正規王者のキム・スーチョル、どちらか選ぶことができればどちらの世界王者と戦いたいですか。

「ビビアーノとやりたいです。気持ちも頭もそのつもりでいます」

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie