この星の格闘技を追いかける

【OFC09】鈴木信達、「円と直線の動きを組み立てて戦うように」

Nobu Suzuki

【写真】バローニを倒した直後の鈴木信達。まさに信じれば達する見本のようなファイトだった(C)MMAPLANET

5月31日(金・現地時間)にフィリピン、マニラのSMモール・オブ・エイジア・アリーナで開催されたOFC09「RISE TO POWER」。日本人選手が5人出場し、4勝1敗の好成績を残した。

アジアの大会にあって、アジア人相手でなく北米のトップファイターだったフィル・バローニを相手に金星を挙げた鈴木信達。行政書士&空手家としても知られたファイターの試合後の言葉をお届けしたい。

――おめでとうございます。正直、多くのファンや関係者が鈴木選手を噛ませ犬と捉えていたと思います。ファル・バローニを最後は足の負傷があったとしても、それ以前に完全に打撃を効かせてのTKO勝ちでした。

「自分もバローニ選手とは10回戦って1回勝てるかどうか、格上の相手だと思っていました。ただ、自分のなかではある戦略がハマれば勝てるんじゃないかという気持ちでもいたんです。それがハマったんで、嬉しいです」

――その戦略というのは?

「腹を効かせて、削っていくことです」

――下突きでバローニの動きが止りました。

「あれはずっと練習してきたんです。アップライトに構える選手なんで、レバーは効くんじゃないかと思っていました。あまり腹をやられることってなかっただろうし、絶対に効かせる自信があったんです。あそこがポイントでしたね」

――その後も蹴りを続けるなど、ボディを効かすことができたのもバローニの前進に下がることなく、前に出る姿勢を持ち続けたからですね。

「絶対にプレッシャー負けしないで戦おうと思っていました。僕は前に出るタイプなのに、自分から下がるとテイクダウンも取られてしまうし、打撃が伸びて来て倒されてしまいます。だから、どんなことがあっても下がらないつもりでした」

Suzuki X Baroni【写真】プレッシャーを受けても、下がることはなく腹を狙い続けた鈴木(C)MMAPLANET

――そのような戦略のなかでも、倒されないとは限りません。序盤にケージ際でテイクダウンを許したのですが、倒された場合の準備もしていたのでしょうか。

「組み技や寝技が自分の弱点だと、誰もが知っていると思うのですが、今回はリバーサルジム東京スタンドアウトの片岡(誠人)代表、KrazyBeeの榊(真嗣)選手と徹底的にレスリングの練習はしてきました。KrazyBeeには榊選手の指導を受けるために、週に一度通っていました。ケージもあったので、レスリング力は高めることができました。寝技までは、手は回らなかったですが、レスリングは本当に教えてもらってきたんです」

――OFCではトップといっても過言でないバローニを下した、意義ある勝利でした。

「エッ、バローニ選手がトップなんですか? じゃぁ、もういいです。もう引退したいですね(笑)。厳しいんで……、もういいかって。そんな気持ちです(笑)。謙遜でもなんでもなく十に一つの勝利だったし、バローニ選手が組み技オンリーで来ていれば勝てなかったと思います。彼も相手が日本人のよく分からない選手だからKOで倒してやるっていう――勝負に関して、甘く見ていた部分があると思います。

そこは自分も見越していたことなので、多分、打撃で来てくれるだろうと予測していました。なら自分の方も打撃を効かせていけば、そのあとの組み技はそれほど怖くない。だから、テイクダウン狙いも切ることができました」

――構えを変えながら、ステップを踏んでいたこともバローニを困惑させたのではないでしょうか。

「試合が始まる前にも片岡代表と話をしていたのですが、テンポの良いリズムになると、プレッシャーを掛けられた時に下がってしまうので、円と直線の動きを組み立てて戦うようにしました。

ボディが効いて、顔色がかなり変わったのが分かりました。弱気になっていました。そこから三日月蹴りだとか、コツコツと腹に当てて。一回でどうにかしようというのではなく、とにかく削っていこうと思っていました。スタミナのない選手だったので、削っていって最後に畳みかけようと」

――序盤にパンチを受けた時は、どのような気持ちでしたか。

「心が折れましたね(笑)」

――いや、そのあとに逆襲しTKO勝ちしたのですから、折れていないじゃないですか(笑)」

「凄く痛かったんですよ。だから、折れてないとしても折れかけていました(笑)。本当に痛かったです。これは後付になってしまうんですが、ケージに入った時はやっぱり不安だったんです。勝負勘という部分でも冴えていなかったですし。

ただ、試合前のコールの時にバローニ選手がワンツーを打った瞬間に、『スピードがないな。これから貰っても大丈夫だ』って思えたんです。見えないパンチだと倒れてしまいますが、見えれば気持ちで耐えればいいと。あそこで自信を持てましたね」

――実はバローニがパブリック計量へ出る前に、ホテルのエントランスに立っているタイトな服を着た女性二人に腹筋を触らせたりして、余裕がありすぎたところを鈴木選手に見て欲しかったんです。あの様子を見ると、「この野郎」ってよりモチベーションがわくんじゃないかと思って(笑)。

「舐められていて当然だと思っていました。逆にいえば、僕と戦うこと自体、バローニ選手にとっては面白くないことでしょうし。錚々たる日本人選手に勝ってきた選手が、自分みたいな選手とやる必要があるのかって。自分のキャリアは、彼と比べるとまだまだなので、逆に打撃で来てくれるだろうと踏んでいました」

――侮っていてくれ、と。

「ハイ、僕の打撃なんて所詮なんでもない――という気持ちでいてくれればと。案の定、そうでした。以前にケツティス・スミルノヴァス選手と戦った時(※2007年6月10日)もそうだったんですが、彼らが最初から組んできていれば僕はもっと疲弊していたし、勝機は彼らの方が合ったと思います。でも、侮ってくれて打撃できたので」

――ただし、この勝利で鈴木選手の打撃が知れ渡り、今後は打撃勝負でなく、組みついてくる選手が増えそうですね。

「だから引退したいんですよ(笑)」

――いや、だからもっとレスリングの練習をしないと……ではないのですか(笑)。

「アッ、そうですね。そうなりますね(笑)。レスリングを鍛えます(笑)」

――次戦を期待しています。

「ありがとうございました!!」

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY