この星の格闘技を追いかける

【Bellator145】王者フレイレに挑戦ストラウス、3度目の正直を実現するには??

Straus vs Freire【写真】過去2戦はいずれもフレイレがストラウスに勝利している (C)GONG KAKUTOGI

6日(金・現地時間)、ミズーリ州セントルイスのスコットレード・センターでBellator 145「Vengeance」が開催される。

Vengeance、ベンジェンス=復讐よりも報復、仇討ちといった方が良いか。つまりはメインの世界フェザー級選手権試合、王者パトリシオ・フレイレ×挑戦者ダニエル・ストラウスの3度目の対戦を指す大会タイトルだ。

3度目の対戦、MMAであれば1勝1敗の決着戦というケースが圧倒的に多いが、この顔合わせは過去2度ともフレイレが勝利している。だからこその報復戦というわけだ。最初の対戦は2011年5月のシーズン4フェザー級トーナメント決勝戦で戦い、フレイレが3‐0の判定勝ちを収めている。

トーナメント制時代のベラトールにあって、勝たなければ王座挑戦権を逃した準優勝者は、また過酷な8人トーナメントに出場しなければならないという厳しい状況に身を置くことになる。よって実力が伯仲している決勝戦は、どうしても手堅い試合展開が目立っていた。この2人の対戦でも互いにテイクダウンを許さないことを主眼とし、接近戦で如何に相手の攻撃を食わないかという戦いに終始した。結果、近距離の打撃戦で遅れをとり、遠い間合いからテイクダウンを仕掛けては切られることが多くなったストラウスが敗れることとなった。

2度目の戦いは今年の1月、今度は世界王者になったフレイレにストラウスが挑戦した一戦だ。この間、ストラウスはテイクダウンで勝利するスタイルから、打撃に磨きをかけ抜群の距離感を保つファイターに成長していた。左ミドルと左ストレートを主武器に、フレイレのレンジの少し外をキープ。自分の攻撃は当たる距離で試合を優位に進めた。

フレイレもその結界を破り、踏み込んでパンチやヒザを打ち込み乱打戦に持ち込むと、互いに急所蹴りを2発ずつ入れ合うなど、互角の攻防が続いた。最後は4Rにダウンを奪いながら、体力と集中力を失くしたストラウスをRNCで切って落としたフレイレが防衛に成功している。

その後、再起戦で勝利したストラウスがこの短期間で挑戦権を再び手にしたのは、チャレンジャー最上位にあったジョージ・カラキャニャンが靭帯損傷で長期離脱を余儀なくされ、代役として元王者パット・カーランに勝利しているダニエル・ヴェイケルの挑戦を受けたフレイレが王座防衛に成功したことで、その座が空いていたという見方ができる。いってみればカラキャニャンの回復が間に合わなかった故の3度目の対戦。

過去2戦で距離を取っての戦い、乱打戦ともに敗れたストラウス。一段上の戦いを見せるには、打撃戦のなかで本来の軸にあるテイクダウンとバックコントロールという態勢にフレイを引き入れることができるかにかかってくる。序盤にテイクダウンを奪い、スクランブルに持ち込むことで王者を削っていきたい挑戦者。自ら仕掛けて先に削られては勝ち目はない。5Rの長丁場を打って倒し、倒して殴るという動きを連動させない限り、フレイレを倒すことは困難だろう。

■ Bellator145対戦カード

<Bellator世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者] パトリシオ・フレイレ(ブラジル)
[挑戦者] ダニエル・ストラウス(米国)

<Bellator世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者] ウィル・ブルックス(米国)
[挑戦者] マーチン・ヘルド(ポーランド)

<ヘビー級/5分3R>
ボビー・ラシュリー(米国)
ジェイムス・トンプソン (英国)

<ライト級/5分3R>
マイケル・チャンドラー(米国)
デヴィッド・リッケルズ(米国)

<フェザー級/5分3R>
エマニュエル・サンチェス(米国)
ジャスティン・ローレンス(米国)

<ライト級/5分3R>
ヴィンス・イージール(米国)
クリス・ヒースリー(米国)

<バンタム級/5分3R>
スコット・エトリング(米国)
ギャレット・ミューラー(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ギャレット・グロス(米国)
ルーク・ネルソン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
アレックス・ハドルストン(米国)
アウグスト・サカイ(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
アダム・セラ(米国)
チェル・アーウィンデイビス(米国)

<ライト級/5分3R>
スティーブン・マン(米国)
ヒュー・プレイ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ケビン・エンゲル(米国)
カイル・カーツ(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ケイン・ロイヤー(米国)
クレイ・ミッチェル(米国)

<ミドル級/5分3R>
アダム・メレディス(米国)
ジョーダン・ダウディー(米国)

<ライト級/5分3R>
ブランドン・レーヴェ(米国)
ラシャード・ラブレース(米国)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie