この星の格闘技を追いかける

【OFC09】べリンゴンの猛追を振り切り、上田がバンタム級GP優勝

Ueda

【写真】大流血に見舞われた上田だが、終盤に良い意味で「キレ」ることができるなら、勝負に対するこだわりを見せて勝利を手にした(C)MMAPLANET

<バンタム級GP決勝/5分3R>
上田将勝(日本)
Def.3-0
ケビン・ベリンゴン(フィリピン)

1R、サウスポーの上田は細かく前後にステップ。シングルでテイクダウンを狙うが、べリンゴンはすぐに反応。2度目のトライも失敗に終わる。べリンゴンはアウトローと右ミドルを蹴り、上田が前に出てくるところに右フックを狙う。残り3分、上田はケージを背負ったべリンゴンにダブルレッグ、回り込むような動きでテイクダウンする。

しっかりとべリンゴンを押さえ込んでパスガードした上田。サイドポジションからボディにヒザ蹴りを入れつつ、左腕を取ってアームロックへ。極まらないと見るや、上田はサイドポジションで押さえ込む。べリンゴンも反転してタックルから立ち上がり、初回を終えた。

2R、右手を伸ばして距離を測る上田。べリンゴンがインローを蹴ると、左ミドルを蹴り返す。べリンゴンは右ストレートから左フック、さらにバックキックを放つ。ここでタックルに入る上田。べリンゴンはそれを潰す。ならばと上田はべリンゴンの腕を巻き込んで、トップポジションを奪取する。アームロックを狙いつつトップポジションをキープする上田。べリンゴンの左腕をアームバーに捉えるが極まらない。

べリンゴンもブリッジで立ち上がり、がぶってヒザ蹴りとサッカーボールキック。スタンドに戻ると、上田はタックルを狙いつつ、右ジャブと右フック。べリンゴンも右ミドルとインロー、しかしこれがローブローとなる。再開になると同時に終了となった。

3R、右ジャブを当てて前に出る上田。べリンゴンもそこに右のカウンターを狙い、インローと左フック。上田がシングルを切って離れ際にサッカーボールキックを蹴る。上田も左ミドルを蹴って、シングルに入るがべリンゴンは倒れない。

逆にべリンゴンはサッカーボールを蹴って、しがみつく上田に鉄槌を連打。立ち上がる上田にケージを背負わせて左右のパンチを打ち込む。何とか組みつく上田だったが、テイクダウンしきれずに引き込むようにグラウンドへ。べリンゴンはそのままトップを奪い、上田が立ち上がろうとすると後ろに回り込んでチョーク。外されてもマウントを取って殴る。亀になって上のポジションを取り返した上田。べリンゴンもすぐに立ち上がる。

べリンゴンは右ミドルを蹴って右フック、そして右ストレート。これが上田の顔面を捉える。上田も必死のダブルレッグでテイクダウンに成功。マウント、バックからパンチを落として試合終了となった。

3Rにべリンゴンの猛打であわやの場面もあった上田。判定勝利が告げられると、ガッツポーズを作り、GP優勝の喜びを噛みしめた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie