この星の格闘技を追いかける

【OFC09】フォラヤン、シャロウスの圧倒的なレスリング力に敗れる

2013.05.31

Folayang vs Sharous

【写真】最後まで懸命に打撃を振るい続け、シャロウスの動きを止めることもあったフォラヤン。テイクダウンを許したこともよりも、その後にすぐに立てない展開が痛かった(C)MMAPLANET

<ライト級/5分3R>
カメル・シャロウス(米国)
Def.3-0
エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)

1R、フォラヤンが左右のロー。シャロウスが右ローにタックルを合わせ、粘るフォラヤンをテイクダウンする。サイド、マウントでポジションをキープするシャロウス。フォラヤンはブリッジを効かせて脱出する。

スタンドでは強烈なロー、左フック、バックキックを繰り出すフォラヤン。シャロウスは組みついて豪快なリフトでテイクダウン、インサイドからパンチを落とし、フォラヤンの立ち際に蹴りを放つ。

2R、シャロウスがジャブと右フック、シングルレッグに入る。必死に切ろうとするフォラヤンだが、シャロウスはその動きにしっかりとついていき、テイクダウンする。背中を見せて立ち上がろうとするフォラヤン。シャロウスは後ろについたままコツコツとパンチを落とす。

何とか距離を取ることに成功したフォラヤンはシャロウスのジャブに左フック。さらに右ハイキックを蹴るが、逆にシャロウスにテイクダウンを許してしまう。しっかりとフォラヤンを寝かせて肩固めを仕掛けるシャロウス。フォラヤンがそれを凌ぐという展開で2R終了となった。

3R、パンチのプレッシャーをかけるフォラヤンが右ハイキック、右ストレートを打つ。シャロウスはガードを高く上げてジャブを返す。ジャブから右ハイキック、バックブローを打つフォラヤン。右ローを蹴って攻撃を散らす。

残り2分30秒、シャロウスがダブルレッグで飛び込むと、フォラヤンはフロントチョーク。シャロウスは頭を抜いてパンチを落とす。金網に体を預けて立ち上がるフォラヤン。試合がスタンドに戻るが、フォラヤンはロー、ワンツー、左ハイキックを見せるが手数が少ない。逆にシャロウスが右ミドルをキャッチして、フォラヤンをテイクダウン。ここで試合終了となった。

圧倒的なレスリング力を発揮したシャロウスが判定勝利。フォラヤンとしてはシャロウスのテイクダウンに屈する結果に終わった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie