この星の格闘技を追いかける

【WEC39】ブラウン&アルドが完勝!大沢に待望の白星

56bc84d5

【写真】三度目の正直、際どい判定ながらWEC初勝利を挙げた大沢ケンジ (C) ZUFFA

3月1日(日・現地時間)米国テキサス州コープスクリスティのアメリカンバンクセンター・アリーナで開催されたWEC39『Brown vs Garcia』。メインイベントでは、昨年、WECの象徴“米国のKID”ユライア・フェイバーを撃破し、WEC世界フェザー級新王者となったマイク・ブラウンと、高谷裕之、ジェンス・パルバーを連続KOで葬り、挑戦権を勝ち取った“豪腕”レオナルド・ガルシアによる同王座戦が行われた。

テキサスファンの大声援を浴びてオクタゴンに登場したガルシアに対し、容赦ないブーイングが浴びせられたブラウンだったが、試合は開始早々にブラウンの右クロスがガルシアの頭部を捉えると、容赦ないパウンドからバックを奪ってのチョークを経て、最後は肩固めで完勝。大方の予想を裏切る一方的な勝利で王者が初防衛に成功した。


試合後もブーイングを浴びたブラウンだったが、ここでリベンジを求めるユライア・フェイバーがスクリーンに映ると、テキサスのファンは大歓声を挙げた。しかし、この日、次期挑戦者に限りなく近づいたのは、第9試合に登場したジョゼ・アルドだ。

1月のWEC38に続き、驚きの連続参戦となったアルドは、キャリア38戦を誇る無名のベテラン=クリス・ミックルと対戦するも、1R1分39秒、怒涛の攻撃で一蹴。終わってみれば、フェザー級王座挑戦に大デモンストレーションと呼べる一戦となった。

また、今大会には日本から大沢ケンジが出場。ATTのハファエル・ヘベーロとのバンタム級戦が行われ、試合はスプリットの判定で大沢に軍配。これまでWEC1敗1分という戦績ながらも、その試合内容が評価され、継続参戦に至った大沢に待望の白星がマークされた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie