この星の格闘技を追いかける

【UFC160】復活賭したボウルズ、ループの前にTKO負けに……

2013.05.26

<バンタム級/5分3R>
ジョージ・ループ(米国)
Def.2R1分43秒 by TKO
ブライアン・ボウルズ(米国)

圧倒的な体格差に映る両者だが、ボウルズは右を伸ばしていく。前蹴りから組んでヒザを繰り出すループは、蹴り技で距離をコントロールしようとする。右とともに前に出るボウルズだが、ループはローやミドルを織り交ぜ距離を取ると、自らもパンチで距離を詰める。しかし、接近戦になるとボウルズが右から左につなぎ、ループの動きが止る。ボウルズは乱打戦は避けるように距離を取り直す。

左ハイからワンツーと繰り出すループは、ガードの上からハイを蹴り込む。鋭い踏み込みでリーチの差を埋め、ボディや顔面にパンチを打ち分けるボウルズ。ループは素早い左ジャブを伸ばすも、右を受けてダウン。立ち上がってきたところにギロチンを合せたボウルズが、マウントを奪いエルボーを落す。ループがバタフライガードから立ち上がろうとしたところで初回が終了した。

2R、右前蹴りからローと蹴り技から、距離を詰めてショートのワンツーを繰り出すループ。さらに左ミドルでボウルズの前進を止めようとする。とボウルズの左ジャブに左を合せたループ。バランスを崩して亀の態勢になったところで、後方から頭部へ思い切りエルボーを打ち込む。向き合おうとしたボウルズに対し、右のアッパーを思い切り打ち込み、再び亀になったところでパウンドを連打したループが元WECバンタム級王者からTKO勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie