この星の格闘技を追いかける

【Bellator】マチュー・リデルが、秋のウェルター級Tに参戦決定

2013.05.21

Matthew_Riddle

【写真】ケージ内ではとにかく魅力的なファイトを展開し続けたマチュー・リデルが、ベラトール・ウェルター級戦線に加わることとなった (C)GONGKAKUTOGI

20日(月・現地時間)、Bellatorより今週にスタートするシーズン9ウェルター級トーナメントにUFCをリリースされたマチュー・リデルが出場することが発表された。

「UFCを離れた後、多くのオプションが僕にはあった。でもポール・デイリー、ベン・サンダース、ダグラス・リマなどとトーナメントで競い合うことができる選択をすることは難しくなかった。この階級は混戦状態だけど、トーナメント戦っていうのはより好ましかった。ベラトールはあらゆる面で成長しているし、そこに参加したかったんだ」とリデルは語っている。

2月のチェ・ミリス戦後、ドラッグテストで陽性反応が出たリデルは、昨年7月にも処分を受けており、短期間で2度の過ちを犯したことで、契約選手の整理に急ぐUFCのリストに入ってしまった。

元々TUFシーズン7に出演し、プロMMAデビューを飾ったリデルは、これまでの12戦のキャリアの全てUFCだったこともあり、ズッファとしても痛しかゆしといった状態だったに違いない。テイクダウンから柔術的なトランジッションにパウンドを織り交ぜたアグレッシブなスタイルの持ち主のブロンドのファイターは、バッドボーイ的でもありメローな雰囲気も醸す、独特な存在を持っている。

「マットは我々のウェルター級に向かい合うための全ての要素を備えている。UFCでは4連勝中(※正式結果は2勝と2つのノーコンテスト)で、ミルスを圧倒した勝利まで含まれていた彼がリリースされたと知った時から注意を払っていた。彼は過去の軽率な行為を清算しなければならない。そして、マットと話し合いの場を設け、彼にとって秋から始まる……ベラトールの歴史で最も人材が豊富なウェルター級のケージが正しい場所になるという自信をもっている」とビヨン・レブニー代表は、リデルとの長期契約を果たしたことを明らかにした。

世界王者ベン・アスクレンを初め次期挑戦者のアンドレイ・コレシュコフ、先にリデルが名前を挙げたファイターなど、タレントの揃うベラトール・ウェルター級戦線。UFCリリース組を取らないという路線を持ちつつ、リデル獲得という例外を設けたことで一層華やかになることは間違いない。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie