この星の格闘技を追いかける

【UFC FX08】ハクランの追い上げ届かず、ダウン奪ったレンツに凱歌

2013.05.19

<フェザー級/5分3R>
ニック・レンツ(米国)
Def.3-0:28-27, 29-28, 29-28
ハクラン・ディアス(ブラジル)

ジャブの打ち合いのなか、蹴りを織り交ぜてテイクダウンを仕掛けるレンツだが、ハクランも体を捩じってすぐに正対する。右から左、さらに右を伸ばすレンツ。ハクランも左を伸ばして、右フックから左にとつなげる。シングルからドライブしたレンツ、ハクランは右を差し返し、態勢を入れ替える。もう一度、体を入れ替えたレンツは、小外刈りで倒されるが、その瞬間にリバーサルとトップを奪う。

バックに回ったレンツに対し、ハクランはスイッチから逆にバックを奪取する。胸を合せたレンツは、右ワキを差し上げてテイクダウンを狙うも、四つ組みの押し合いのなかで初回が終了した。

2R、互いにジャブを伸ばすなか、レンツの突進にハクランが左を合せるとバランスを崩す。すぐに立ち上がったレンツは、ヒザ蹴りをボディに入れてハクランからダウンを奪う。そのままバックに回り込んだレンツが、ハーフバックの状態で下に落されないようにバックをコントロールする。背中が伸びたハクランはパンチを受け、仰向けになってガードへ。レンツはハクランの顔面に連続でエルボーを落していく。

首を殺して上体を起こさせないようにしていたレンツだが、キムラを狙った隙にハクランに立ち上がられてしまう。それでもがぶってから、ハクランの腰をコントール。ヒザをつかせて再びバックに回り込む。そのまま小外掛けでテイクダウンをうばったレンツが、ここでもエルボーをハクランの顔面に落していく。レンツが立ち上がると、ハクランは蹴り上げを見せたが、残り30秒でマウントを奪うなどレンツが明確にこのラウンドを取った。

最終回、組み合いのなからテイクダウン、同時に肩固めの形に入ろうとしたハクランだが、極めきることはできない。それでもトップコントロールし、ポイントの挽回を図るもレンツは蹴り上げから、起き上がってハクランをケージに詰めていく。白熱の攻防は、ヒザ蹴りでダウンを奪ったレンツのシングルレッグをハクランが潰した状態でタイムアップに。結果、3-0でレンツが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie