この星の格闘技を追いかける

【RFC26】計量終了、王座統一戦チョ・ナムジン×ソン・ミンジョンはバチバチ。モーは2度目でパス

Jo Nam-Jin vs Song Min-Jong【写真】一触即発どころか、一触が起こってしまい険悪なチョ・ナムジンとソン・ミンジョン(C)MMAPLANET

8日(木・現地時間)、明日9日(金・同)に韓国ソウルのチャンチュン体育館で開催されるROAD FC 26の公開計量が同地のグランドヒルトン・コンベンションセンターで行われた。

今大会には日本から佐々木信治が2度目のROAD FC参戦、対戦相手のチェ・ジョンチャンとともに計量をパスしている。

Choi Mu-Bae  vs Moセミファイナルのヘビー級戦は、マイティ・モーが128キロで計量オーバー。再計量は124キロでクリアとなったが、規約によりモーはファイトマネーの70パーセントが没収となる。

モーは笑顔で「また韓国に戻ってくることができて嬉しい」とコメント。対するチェ・ムベは「私とモー選手は同じ46歳。明日はカッコ良い試合をします」と言ったあと、この日はモーの誕生日とあって、計量直後に対戦相手のバースデー・プレゼントを渡す一幕も。

メインのフライ級統一戦は計量前の調印式から、正規王者チョ・ナムジンと暫定王者ソン・ミンジョンは一触即発の状態に。計量後のフェイスオフでは、睨み合いからチョ・ナムジンに喉を抑えられたことで、ソン・ミンジョンの怒りが爆発。ただのパフォーマンスとは思えない両者のエキサイトぶりに、関係者がすぐに割って入った。

先にマイクを持ったソン・ミンジョンが「長い時間は必要ない、1ラウンドでKOします」と言えば、チョ・ナムジンは「言いたいことは山ほどありますが、僕がソン・ミンジョン選手をKOして、彼の夢を打ち砕きます。最も軽い階級のタイトルマッチですが、明日はこのメインイベントが一番の試合になります」と宣言している。

またYoung Gunsの注目株、ROAD FCのタイヘンことタイロン・ヘンダーソン、日本から出場の上野藤士、桑原清は揃って計量パス。本戦急遽出場が決まった楠ジャイロも無事、計量を終えている。なお、Young Gunsでジョン・グァンソクと対戦相手予定だったチョ・インヘンが欠場し、キム・ミナが急遽出場し後ほど計量に臨むこととなっている。

■ ROAD FC 26 計量結果

<ROAD FCフライ級王座統一戦/5分3R>
[正規王者]チョ・ナムジン:57.30キロ
[暫定王者]ソン・ミンジョン:57.45キロ

<ヘビー級/5分3R>
チェ・ムベ:111.0キロ
マイティ・モー:124キロ

<ヘビー級/5分3R>
ミョン・ヒョンマン:110.2キロ
楠ジャイロ:103.2キロ

<フェザー級/5分3R>
ホン・ヨンギ:65.90キロ
ホー・ナンナン:65.90キロ

<ライト級/5分3R>
チェ・ジョンチャン:70.15キロ
佐々木信治:70.3キロ

<バンタム級/5分2R>
ハン・イムン:61.95キロ
イェ・ユーアン:61.0キロ

<ライト級/5分2R>
ジョン・ドゥジェ:70.1キロ
キム・スンヨン:70.45キロ

■ Young Guns 25 対戦カード

<フェザー級/5分2R>
タイロン・ヘンダーソン:65.65キロ
ソク・サンジュン:65.95キロ

<ウェルター級/5分2R>
ユン・チョル:77.1キロ
カリム・ボウララッシ:77.4キロ

<バンタム級/5分2R>
チェ・ムソン:61.6キロ
ジャン・デヨン:61.95キロ

<-80キロ契約/5分2R>
桑原清:80.2キロ
ラ・インジェ:80.45キロ

<フェザー級/5分2R>
ヤン・ジェウン:65.55キロ
上野藤士:65.45キロ

<フライ級/5分2R>
キム・ミナム──
ジョン・グァンソク:57.5キロ

<バンタム級/5分2R>
ジャン・イクファン:61.9キロ
ファン・ドンユン:61.95キロ

<フェザー級/5分2R>
ジン・テホ:65.0キロ
ソ・ドンス:62.15キロ

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie