この星の格闘技を追いかける

【UFN75】堀口恭司 「打撃で渡り合える? まぁ、甘いんじゃないの(笑)」

Kyoji Horiguchi【写真】余裕すら感じられるほどリラックスしている堀口恭司 (C)MMAPLANET

25日(金)、東京都港区の東京アメリカンクラブにて27日(日)にさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開催されるUFC Fight Night JAPAN 「Barnett vs Nelson」=UFN75の個別会見──UFC Fight Nightアルティメイト・メディアデーが開かれた。

ここでは堀口恭司と対戦するチコ・カムスのコメントをお伝えしたい。

──かなりしぼれて見えますが、体調の方は?

「順調に良い感じで来ています。今回、減量中に赤身の肉を食べるようにしたんです。メチャクチャ良いですね、体調は。食べて落とすようにしてきました」

──試合が明後日に迫っています。改めてチコ・カムスの印象を教えてください。

「まぁ、そうですね……打撃主体の選手で寝技もチョコチョコ動くなって感じですね」

──打撃でも渡り合えると自信を持っているコメントをしていました。

「……。まぁ、甘いんじゃないの。ハハハハハ。こっちの土俵で戦ってくれるなら、そんなに楽なことはないですよ。そんなこと言っても、絶対に下から足をすくってくると思うので。テイクダウンを狙ってきても、どの局面でも自分の方が優っていることを見せつけたいです」

──つまりは組み技の方で攻めてこられても大丈夫だと。

「前より組み技も完成度が上がってきているし、自分の方で狙える──攻めることができるぐらいに段々となってきました」

──最も注意しないといけないところはどこでしょうか。

「う~ん、そんなにないかな。試合前に言っちゃうと……アレなんですけど、足を使っている意味はあんまりなさそうな相手なので。そこをしっかりと見せてやります」

──なるほど、良い試合を期待しています。

「ハイ、ありがとうございます」

■UFN75対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
ロイ・ネルソン(米国)
ジョシュ・バーネット(米国)

<ミドル級/5分3R>
ユライア・ホール(米国)
ゲガール・ムサシ(オランダ)

<フライ級/5分3R>
チコ・カムス(米国)
堀口恭司(日本)

<バンタム級/5分3R>
ジョージ・ループ(米国)
水垣偉弥(日本)

<フェザー級/5分3R>
ディエゴ・ブランダォン(ブラジル)
菊野克紀(日本)

<ROAD TO UFC JAPANフェザー級T決勝/5分3R>
廣田瑞人(日本)
石原夜叉坊(日本)

<ウェルター級/5分3R>
リー・ジンリャン(中国)
中村K太郎(日本)

<ライト級/5分3R>
粕谷優介(日本)
ニック・ハイン(ドイツ)

<ライト級/5分3R>
ケイジャン・ジョンソン(カナダ)
小谷直之(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ロジャー・ザパタ(米国)
安西信昌(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie