この星の格闘技を追いかける

【UFC159】マガリャエス、デイビスのジャブ攻略出来ず判定負け

<ライトヘビー級/5分3R>
フィル・デイビス(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
ヴィニシウス・マガリャエス(ブラジル)

左右にステップを踏むデイビスに対し、マガリャエスがハイキック、前蹴りを見せる。左フックから右を伸ばすデイビスは、マガリャエスの前進に組みついて体を入れ替える。距離を取った両者、マガリャエスは右ハイから右ロー、前蹴りとキックを続ける。パンチを受けて怯んだマガリャエスは、ガードの上からハイキックで動きが鈍ると、手を出しながら距離を取る。

前に出てワンツーを打ち込んだデイビスだが、右ローをキャッチされテイクダウンを許す。必死にバックを取りにいったマガリャエスだが、すっぽ抜けたように前方に落され、試合はスタンドに戻る。息を整えるためか手数が少なくなったデイビスは、残り1分を切って右ストレートは放つが、マガリャエスがハイを放ったあと目を気にする。「続けろ」というレフェリーの声に呼応し、ワンツーを放つデイビスは、マガリャエスの蹴りをブロックし、左から右とパンチで前に出て初回を戦い終えた。

2R、アッパーを打ち込み前に出たマガリャエスだが、デイビスは左ジャブで前進を止める。ワンツーをから組んだデイビスがバックへ。マガリャエスはがぶりを嫌がり、引き込む。自ら離れてスタンド戦を望んだデイビスの右ストレートがヒットする。軽いワンツーを繰り返すデイビスだが、マガリャエスは蹴り以外に反撃できない。

プレッシャーを常に与えているのはデイビスで、マガリャエスが下がるシーンが増えてきた。残り90秒、蹴りをキャッチしてテイクダウンしたデイビスだが、やはりグラウンド戦には移行しない。スタンドでジャブをトリプルで見せ、左ハイからさらにジャブを重ねるデイビスは、残り20秒のスクランブルも制し、自分のペースを守り通した。
最終回、マガリャエスも左ハブから右ハイを見せるが、スピードで優るデイビスを止めることができない。デイビスはローをしっかりとブロックし、左腕を伸ばし続ける。と、肩でマガリャエスを押し込むだけでテイクダウンを奪うなど、完全に距離をコントロールしていく。引きこみ気味に倒れても、寝技に付き合ってもらえないマガリャエスは、左ジャブを受ける展開から逃れることができない。

右も勢いよく打ち込むようになったデイビスに対し、マガリャエスは後方にステップを踏むのみ。残り1分、テイクダウン狙いの失敗から引き込むマガリャエスだが、デイビスが寝技に付き合うはずもない。そのままスタンドに戻り、最後の1分間もスタンドのジャブのデモンストレーションに付き合わされたマガリャエスは、0-3の判定負けを喫した。勝者は「オリンピックにレスリングを残そう」とアピールした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY