この星の格闘技を追いかける

【UFC159】マッケンジー、危なげなくガルシアに完勝

2013.04.28

<フェザー級/5分3R>
コーディ・マッケンジー(米国)
Def.3-0:29-28, 30-27, 30-27
レオナルド・ガルシア(米国)

サウスポーのマッケンジーが距離を詰めて組みつくと、最初の試みでテイクダウンに成功する。立ち上がったガルシアのバックを取って、前方にスラムしたマッケンジーがハーフバックに。そのまま両足をフックしバックマウントを奪取したマッケンジーが、ガルシアに左のパンチを入れていく。と、左手を伸ばして右手でチョークをねらったマッケンジー。ガルシアも懸命に耐えて、胸を合わそうとするが、パンチを受けて絞めのプレッシャーを受け続ける。

腹這いになってから立ち上がるとするガルシアだが、パンチを受け、四の字フックの圧力で仰向けになってしまう。胸を合わそうとしたガルシアに肩固めを仕掛けたマッケンジーは、そのままトップキープを選択し、パスから左のエルボーを落す。ここで立ち上がったガルシアに、得意のギロチンを狙うマッケンジー。2度、これを逃れるも三角絞めを仕掛けたマッケンジーは取り切れなかったが初回を制した。

2R、左ジャブを放ったガルシアにシングルを合せるマッケンジーだが、ここは切られる。続いてケージ際でダブルを仕掛けガルシアに尻餅をつかせたマッケンジーが、そのまま頭を押し付け立ち上がってきたところでギロチン、さらにダブルへ移行する。これを逃れたガルシアは、スタンドに戻っても疲労困憊で攻勢に出ることができない。と、マッケンジーがダブルレッグから再びバックマウントへ。左手首を取られ、右のパンチを受けるガルシア。後方へのダブルパンチなど抵抗するが、バックを支配されたまま削られ続ける。

残り30秒を切り、背中を取られたままのガルシアが前方回転を試みるも、マッケンジーはバックをキープしたまま、このラウンドも戦い切った。最終回、スピニングバックフィストを見せるなど序盤は動きがあったガルシアだが、マッケンジーも左ハイで突き放しに掛かる。ガルシアは右ストレートから右ハイを繰り出すが、クリーンヒットとはならない。それでも右をヒットさせ、マッケンジーに組みつかせないようにする。

マッケンジーの左ジャブに、右を伸ばすガルシアだが、逆に右フックを受ける。ジャブで前進を止められながらも、右を伸ばすガルシア。マッケンジーは距離をとって、KO負けさえしなければ良いという試合を見せる。のこり1分、サークリングとジャブで距離を取っていたマッケンジーがシングルレッグでテイクダウンに成功する。ガルシアはディープハーフでエルボーを受け、ブリッジしてバックマウントを許したところで試合終了を迎える。ジャッジの裁定は一人が29-28で割れたが、当然のようにマッケンジーが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY