この星の格闘技を追いかける

【LFC11】落ち着いてポイントメイク、辰己がツボ押さえて勝利

2013.04.27

Tatsumi vs Ealey

【写真】辰己はパンチの攻防のなかで、徹底的に組みついていった(C)MMAPLANET

<ミドル級/5分3R>
辰己豪人(日本)
Def.3-0
ギャレス・イーライー(ニュージーランド)

メインカードのオープニングアクトを務めた辰己。長身のイーライーに右を伸ばし、ローを受けながらも組みついていく。頭を押し付け、右ワキを差し上げて崩しからバックを伺った辰己だがイーライーも胸を合せ、距離を取り直す。果敢に打撃を振るうも、ガードが下がり、パンチを被弾するシーンもあった辰己は、組みついてコーナーに押し込むも体を入れかえられてしまう。続く打撃戦では左をヒットさせ、タイミングよく組みついていくがイーライーに切り返され、セカンドロープとサードのロープの間からエプロンに転落してしまう。

直後の細かい打撃の攻防のあと、初回が終了した。2R、右を伸ばした辰己は、コーナーを背にしながら深く右手を差しいれると、イーライーが引き込むように背中をマットにつけトップを奪取する。頭を胸につけて、拳を落す辰己は首を抱えに来たイーライーに対し、勢いのある鉄槌を連打していく。胸をあげ、勢いをつけてパウンドを狙うと、この隙に背中を預けて立ち上がったイーライーのバックを取り、後から殴りつけていく。またも引きこむように背中をつけたイーライーにパンチを落し、明確にこのラウンドを辰己が制した。

Tatsumi【写真】終盤のパウンドラッシュは、しっかりとポイントメイクができている証拠だ(C)MMAPLANET

最終回、両者疲れからやや動きが遅くなったなか、イーライーの蹴り足をキャッチした辰己がテイクダウンを奪う。細かいパンチで削った辰己がパスに成功。肩ブリッジやヒップエスケープで暴れるイーライーを抑えつけ、辰己は勢いよくパウンドを落す。残り時間僅かとなり、さらにパンチの回転数を上げた辰己に対し、イーライーは防戦一方に。最後までトップからパウンドを落し続けた辰己が、3-0の判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY