この星の格闘技を追いかける

【UFC159】ジョン・ジョーンズがサービスいっぱいの公開計量

26日(金・現地時間)、明日27日(土・同)にニュージャージー州ニューアークのプルデンシャル・センターで開催されるUFC159「Jones vs Sonnen」の公開計量が行われた。

メインでUFC世界ライトヘビー級王座を賭けて戦うジョン・ジョーンズとチェール・ソネン、まずは先にステージに上がったソネンは余裕のポージングで計量をパスし、缶コーラを口に当てた。一方、王者ジョーンズは暗幕から2度、3度と顔を覗かせ、ファンの期待感を煽ると、被っていたキャップに続き、ナイキのジョン・ジョーンズ・モデルのスニーカーを観客席に投げ入れて登壇。神妙な顔つきで計量結果を聞くと、大きく雄叫びを挙げた。

舞台の端で顔を合わせた両者、その後コメントを求められると、ソネンは「「観衆が目撃者になってくれるってのが嬉しい。みんなは自分のガキのガキのガキにまで、アイツは本物だったって言い伝えることになるだろう。アイツは実在した、伝説のチェール・ソネンは我々の前に立って、地元の英雄を打ちのめした。こう伝わりきったとき、レコードブックに、勝者リストに、一人の悪者の名前が刻まれるんだ」と、ファンを挑発。一方、ジョーンズは非常に静かな声で「「俺は勝つために、勇敢であるためにここにいる。それだけのことだ」と語った。

セミのミドル級戦はアラン・ベルチャーがスキンヘッドにし、大幅にイメージチェンジ。恒例となるマイケル・ビスピンの呟き戦法にややエキサイトし、胸を小突く場面が見られた。また、UFCで3度のマッチアップとなった女子バンタム級戦に出場するシーラ・ガフはハイヒールで登場。一方、アテネ五輪女子レスリング銀メダリストのサラ・マクマンは、はにかんだ表情で計量を済ませ、押しの強い女子ファイターが多いなか、逆に異彩を放っていた。

■ UFC 159 Jones vs Sonnen 計量結果

<UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
ジョン・ジョーンズ:205ポンド(92.99キロ)
チェール・ソネン:205ポンド(92.99キロ)

<ミドル級/5分3R>
マイケル・ビスピン:186ポンド(84.37キロ)
アラン・ベルチャー:185ポンド(83.91キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ロイ・ネルソン:258ポンド(117キロ)
シーク・コンゴ:237ポンド(107.5キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
フィル・デイビス:205ポンド(92.99キロ)
ヴィニシウス・マガリャエス:205.5ポンド(93.21キロ)

<ライト級/5分3R>
ジム・ミラー:155ポンド(70.31キロ)
パット・ヒーリー:155.5ポンド(70.53キロ)

<ライト級/5分3R>
ルスタン・ハビロフ:156ポンド(70.76キロ)
ヤンシー・メデイロス:155.5ポンド(70.53キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジャン・ヴィランテ:206ポンド (93.44キロ)
オヴァンス・サンプレー:206ポンド (93.44キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
サラ・マクマン:134ポンド(60.78キロ)
シーラ・ガフ:133ポンド(60.33キロ)

<バンタム級/5分3R>
ブライアン・キャラウェイ:136ポンド(61.69キロ)
ジョニー・ベッドフォード:136ポンド(61.69キロ)

<フェザー級/5分3R>
レオナルド・ガルシア:145ポンド(65.77キロ)
コーディ・マッケンジー:145ポンド(65.77キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ニック・カトーネ:173ポンド(78.47キロ)
ジェイムズ・ヘッド:170.25ポンド(77.22キロ)

<ウェルター級/5分3R>
スティーブン・サイラー:145.25ポンド(65.88キロ)
カート・ホロボウ: 145ポンド(65.77キロ)

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN