この星の格闘技を追いかける

【Polaris02】中村大輔、スイープ合戦の末にカラーチョークでシャオリンに下る

<道着/15分1R>
ヴィトー・シャオリン・ヒベイロ(ブラジル)
Def.by カラーチョーク
中村大輔(日本)

まずは立ちの展開で組手争いをする両者、中村は右で襟を取るもシャオリンが外す。シャオリンは片襟を両手で取り、シングルレッグの仕種を見せる。中村の投げの仕掛けに一度は座ったシャオリンはすぐに自ら立ち上がってシングルへ。中村が防ぎ立ちの展開が続くという意外な立ち上がりに。

シャオリンが引き込みハーフ、中村がパスを狙う。シャオリンはズボンのすそを取ったまま起き上がってリフトしテイクダウンを決めるようにトップへ。横回転から立ち上がった中村だが、シャオリンもすぐにリバーサルを決める。立ち上がった中村の足を払ってトップをキープしたシャオリン、中村がスイープしてトップに。これがサブオンリー柔術か、リバーサル合戦と化した試合は、またもシャオリンがトップに。続いてスクランブルの展開となるもマット際ということで両者が別れ、マット中央に再開される。

シャオリンのテイクダウン狙いをスプロールした中村は、続くシングルも切る。シャオリンはここでも引き込んでハーフへ。ラペラを使って中村の右足を捕獲したシャオリンが、もう一方のヒザもコントロールしリバーサル。中村もガードを取ると果敢にスイープを狙うも、ヒザを掴まれて引き上げられ背中をつける。パスのプレッシャーを強めるシャオリン、中村はバックを譲らないようにガードを取りなすも立ち上がり際についにバックを許してしまう。

ジャンプして両足をフックしたシャオリン、フックが外れると中村が背負いを狙う。両足を着地し耐えたシャオリンはバックコントロールを続けており、前方に崩すとついにバックマウントの態勢に。絞めを防ぐ中村だったが、シャオリンが襟を取って頭を跨ぐとカラーチョークの態勢に。中村がタップし、シャオリンが残り90秒ほどで一本勝ちした。

シャオリンは「バランスを崩したけどノーポイントだからね。作戦通りだったよ。時間はそれほど気にせず戦った。ストレスになるから。ダイスケに感謝したい。グレートアスリートだ」と話した。「シャオリン選手は凄く強かったです。自分の実力がシャオリン選手に劣っていることが分かりました。また戦いたいです。カーディフの人達が優しく、歓迎してくれて嬉しかったです。またチャンスがあればカーディフに来てまた戦いたいです」と中村も語った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie