この星の格闘技を追いかける

【RFC 11】延長にもつれこむ激戦の末、久米・王座奪回ならず

Kume vs Nam Yui-chul

【写真】ケージレスリングの攻防で、久米はバックを許す展開が増えていった。ここで右手を伸ばしているのは、明らかに拙い(C)MMAPLANET

<RFCライト級T決勝/5分3R>
ナム・ウィチョル(韓国)
Def.3-0 Ex.R
久米鷹介(日本)

ナム・ウィチョルの左ストレートをかわし、左ハイを見せた久米は冷静にパンチを見切ってワンツー、から左フックを打ち込むとダブルレッグダイブへ。左脇を差してケージに押し込んでテイクダウンを奪った久米、ナム・ウィチョルは左脇を差し立ち上がる。久米は四つ組みの状態でローと右ボディを放ち、姿勢を低くしてテイクダウンを狙うもナム・ウィチョルはケージを背に耐える。

ケージ中央に戻った両者。ナム・ウィチョルの前進に距離を取った久米だが、シングルレッグで組まれケージに押し込まれる。小外刈りは返した久米、首を取って体を入れ替えてダブルレッグを仕掛ける。脇を差して態勢を入れ替えたナム・ウィチョル。久米はシングルを切るが、ケージに押し込まれた状態で初回を戦い終える。

2R、久米の右ミドルをキャッチしたナム・ウィチョルがパンチを連打して、後方に倒す。すぐに立ち上がった久米は逆にテイクダウンを奪いギロチンへ。首を取られたまま立ち上がったナム・ウィチョル。久米はダブルで再度、尻餅をつかせる。ナム・ウィチョルに背中を突かせた久米が左のパウンドを落していく。

しっかりとハーフでナム・ウィチョルを寝かせた久米は、コツコツとパンチを落す。ハーフから潜って立ち上がろうとするナム・ウィチョルの頭部にパンチを続ける久米はがぶってヒザへ。ここで立ち上がったナム・ウィチョルは、態勢を入れ替えて久米をケージに押し込む。左ヒザを見せた久米は、首を取ってナム・ウィチョルの右足を左手払いにいくも、シングルで頭が外側に出ており、バックに回り込まれそうになる。ケージと久米の背中の間に足を入れようとするナム・ウィチョルを前方に落そうとした久米だったが、立ち上がり際にバックを許しハーフバックの態勢でタイムアップを迎えた。

1R同様、2Rも序盤は攻勢で終盤に反撃を許した久米。特に2Rはバックマウントを奪われそうになり危ないシーンを見せてしまった。勝負が掛かった3R、ナム・ウィチョルの右ストレートを被弾した久米が、フックを振り回しながら距離の合わないテイクダウンを仕掛けてしまう。逆に久米をケージに押し込んだナム・ウィチョルは、久米の内股を潰してトップへ。

久米は尻餅をついた瞬間にスイープを仕掛けるが、この際でトップを取りきれない。頭で久米の胸を押しあげたナム・ウィチョルが、トップを取る。クローズドガードからラバーを狙うも、足を一本抜かれてしまった久米は腰を押して、スペースを作ろうと懸命に動く。潜れない久米は、クローズドガードに戻すも、ナム・ウィチョルもすぐに足を一本抜いていく。それほどパウンドを落さないナム・ウィチョルは、胸をつけて抑え込みにかかる。

直後に起き上がり、鉄槌を落したナム・ウィチョル。スペースができた久米は立ち上がることができず、引き続きガードワークを強いられる。残り1分、後に下がって柔術立ちを狙った久米は、バックに回ろうとしたナム・ウィチョルに反応し、足をとってトップを奪う。久米がトップを取ると、やたらと「アクション」と叫ぶようになったレフェリー。ナム・ウィチョルがハイガードを取ったところで3Rが終了、久米はすぐに自陣に戻った。

裁定はドロー、試合は5分間の延長ラウンドへ。左ジャブから組みつき、ケージにナム・ウィチョルを押し込んだ久米。体を入れ替えたナム・ウィチョルは、後方に抱え投げてテイクダウンに成功する。左のパウンドを受ける久米は、脇を救ってテイクダウン。ナム・ウィチョルがすぐに立ち上がるが、ケージに押し込んでシングルへ。

しかし、またも頭が外に出て、右手でナム・ウィチョルの右足を引こうとしたためバックを許してしまう。尻をずらした久米は向き合って、ダブルレッグでクラッチを組むとバックを預けそうになったナム・ウィチョルにパンチを落し、背中をつけさせる。鉄槌を落す久米、枕から右でパウンドを打ち込む。こめかみの辺りにパンチを入れる久米だったが、ナム・ウィチョルが体を起こそうとしたところで反応に体重を掛けようとすると、レフェリーがブレイクを命じる。

残り1分、これは不可解なレフェリングだ。寝技で試合を終わらせたくないという作為的なモノ。口を開いて苦しそうなナム・ウィチョルが、ダブルレッグでドライブすると、腰をコントロールしてテイクダウン!! 右ワキを差した久米は立ち上がってバックを伺う。胸を合せたナム・ウィチョルにダブルレッグを狙うも、ナム・ウィチョルはスイッチからシングルで振り回す。ここで試合終了の合図が鳴り、延長Rにもつれこんだスクランブル合戦は、3-0でナム・ウィチョルに凱歌が上がった。

優勝賞金の目録とベルトを腰に巻くナム・ウィチョルを見つめ、涙を流す久米。新王者に続き、コメントを求められた久米は「今日は勝つために日本から来ました。日本から応援も来てくれました。韓国で応援してくれる皆さんのためにも絶対に勝つつもりでやって来たんですけど、ナム・ウィチョル選手が凄く強くて、今日は上回られてしまいました。また出直して戻って来ます。カムサムハムニダ」と語り、大きな声援を受けた。

際の攻防で譲り、延長ラウンドでは先手を取られた久米。ナム・ウィチョルの優勝は、急激に力をつける韓国MMA界の成長の表れという以外ない。久米の敗北は、日本にはもうアドバンテージがないことも表している。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday