この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL09】アマゴフ、蹴りで間合い取りTDでPメイク

2013.04.07

<ウェルター級/5分3R>
アドラン・アマゴフ(ロシア)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
クリス・スパン(スウェーデン)

地元の大歓声に迎えられたスパンに対し、アマゴフがサイドキックを見せる。スパンは左ハイを返し、互いに探り合いを続ける。アマゴフの後ろ回し蹴りをかわしたスパンだが、サイドキックを胸に受け尻餅をつく。すぐに立ち上がったアマゴフは、右から左とローを続ける。アマゴフは掛け蹴りを見せ、さらに左ハイを繰り出す。そのハイでバランスを失ったが、すぐに立ち上がり強烈なローから、フグ・トルネード張りのスピニングバックキックをスパンの足に放っていく。

スパンは右を打ち込むが、バックステップでかわしたアマゴフがローをここでも決める。サイドキックとローでスパンを翻弄するアマゴフは、ほとんど攻撃を受けないまま最初の5分を戦い切り、最後にテイクダウンを決めた。2R、左ジャブを伸ばし前に出るスパンだが、右ローを受ける。アマゴフらスピニングバックキックの2連発から組みつくが、テイクダウンには失敗。スパンが距離を詰めるも、アマゴフが左ハイからダブルレッグダイブを決める。

スイッチを仕掛けるスパンのサイドを狙い、立ちあがられても再びダブルレッグでテイクダウンを奪ったアマゴフ。スパンのクローズドガードのなかで、スタンドのような大きな動きを見せることができないアマゴフは、残り90秒でブレイクを命じられる。サイドキックを受けても前に出るスパン、アマゴフは下がりながら左ジャブを伸ばし、ローを2発受けてから左ハイを蹴り込む。と、踏み込んできたスパンに食いついたアマゴフ、離れ際にハイキックを見せる。距離のコントロールに長けたアマゴフだが、2Rは蹴りではなくテイクダウンでポイントを取った。

3R、逆転を懸けて前に出るスパン。アマゴフはサイドキックで距離を取る。足を使い前蹴りで間合いをコントロールするアマゴフだが、最終回は手数がグンと少なくなっている。派手な跳びヒザ、後回し蹴りも距離が合わないアマゴフは、下がりながらの蹴りを続ける。スパンは前に出て右を振るうが、アマゴフの前蹴りに勢いを削がれる。と、右ストレートからダブルレッグダイブを決めたアマゴフはバックを取って、後方から蹴りを見せる。バックを取ったまま腿、臀部にヒザ、顔面を後方から蹴り上げようとするアマゴフが、時間を使うのも巧みだ。

残り50秒を切り、後方からヒザ蹴りとテイクダウンを織り交ぜると、残り20秒で後方に大きくスパンを投げ捨てる。そのまま腰をコントロールし、もう一度投げを狙ったアマゴフ。これは上手く投げ切ることはできなかったが、そのままトップを維持して試合終了となった。結果、アマゴフがフルマークの判定勝ちを収めている。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN