この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL09】ラフレアーUFC初戦飾る。アロウェイは良い所なし

2013.04.07

<ウェルター級/5分3R>
ライアン・ラフレアー(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ベン・アロウェイ(豪州)

ROCで7連勝し、UFCデビューを迎えたラフレアー。豪州版TUF出身のアロウェイと対戦。試合開始直後に組みついたアロウェイだが、ラフレアーがボディロックからテイクダウンを奪う。サイドからクルスフィックポジションを狙うラフレアーが、サイドからバックに回り、ヒザを入れる。胸を合わし、さらにヒザを重ねるラフレアーが再びボディロックから後方にアロウェイを倒し、バックを伺いながらパンチを落す。

立ち上がったアロウェイはキムラを狙うが、バックに回った溢れアーが、ヒザと顔面にヒザを突き上げる。胸を合せたアロウェイだが、すぐにテイクダウンを許し、今度は背中をマットにつけた状態で抑え込まれる。ラフレアーは左エルボーを落し、担ぎパス。バック狙いから立ち上がると、首相撲からヒザを見舞う。立ち上がったアロウェイがボディを見せるが、1Rは完全にラフレアーのラウンドとなった。

サウスポーのラフレアーに右ミドルを放ったアロウェイだが、すぐにラフレアーがテイクダウンに成功する。三角狙いを潰し、パウンドを落すラフレアーがハーフガードからパスへ。ブリッジを狙ったアロウェイに上四方、四つになるダースチョークからアナコンダとラフレアーが攻め続ける。立ち上がったアロウェイは右を伸ばすが、ラフレアアーがスーパーマンパンチからボディ、さらにテイクダウンを狙う。

ギロチンで迎えうったアロウェイに対し、ラフレアーは引き込みから即立ち上がる。と、ローからパンチの連打で追い込んだラフレアーにアロウェイがテイクダウンを決める。しかし、ラフレアーはガードからシングルを取り、最後はトップを奪って2Rを戦い終えた。

3R開始早々にテイクダウンを決めたラフレアーが、ガードから起き上がってきたアロウェイにダースチョークを狙う。これを逃れたアロウェイだったが、立ち上がることはできない。ガード、シングルからスクランブルに持ち込んでなお、トップを取るのは結局はラフレアーで、アロウェイは勝機を掴めない。

続く打撃の展開からラフレアーのテイクダウンを潰し、バックに回り込んだアロウェイだが、直ぐに胸を合わされてトップを取り返されてしまう。三角を潰して、がぶりからヒザ蹴りをボディに入れるラフレアーは、残り20秒でパンチから組みついてきたアロウェイにヒザを突き上げ、試合終了を迎えた。結果、ラフレアーがフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF