この星の格闘技を追いかける

【UFC FUEL09】OPファイトはスプリット判定。アベディが勝利

2013.04.07

<ウェルター級/5分3R>
パピー・アベディ(スウェーデン)
Def.2-1:28-29, 29-28, 29-28
ベサム・ヨウセフ(スウェーデン)

サウスポーのアベディがまずは右ローを見せる。互いに前の手を合わせて距離を計ると、アベディは左ローを続ける。ヨウセフも右ローを返すと、左ストレートを伸ばし、組みながらボディを連打する。小内刈りでテイクダウンを奪ったアベディが、足を払ってパスを狙う。ハーフガードからギロチンを狙ったアベディ、ヨウセフは首を取らせずフルガードに戻す。

左のエルボー、鉄槌を見せるアベディに対し、ヨウセフのクローズドガードが続く。亀のヨウセフにヒザを入れるアベディ。ヨウセフが立ち上がると、アベディは首相撲からヒザ蹴りをボディに放つ。ヨウセフはボディ、アッパーからエルボーと、両者がゴツゴツとした攻撃を繰り返すなか、アベディが2度目のテイクダウンを決めて初回を締めた。

2R、アベディが左フックからミドルキック、さらに左を振るう。距離が近づくと、初回と同様に首相撲からヒザを狙うアベディに対し、ヨウセフはボディからアッパーを振り上げる。ケージに詰められたアベディは、3度目の小内刈りでテイクダウンを奪取。ヨウセフは柔道の足技に反応できていないようだ。インサイドガードからアベディが左のパウンド、右エルボーを落すと、ヨウセフもガードからエルボーを見せる。

残り1分50秒でブレイクが掛かると、アベディが左フックを打ち距離を詰める。アベディのダブルレッグダイブをスプロールしたヨウセフは、左ボディから左フック、右アッパーからヒザを繰り出す。ボディを連打されたアベディが苦しげな表情を浮かべるなら、ヒザから右フック、ニータップでヨウセフがテイクダウンを奪ったところで2Rが終わった。

最終回、大振りの右フックからアベディをケージに押し込んだヨウセフがボディにフックを入れるも、ケージ際で体を入れ替えながら、またも小内刈りでアベディがテイクダウンを奪う。背中を預けて立ち上がろうとしたヨウセフに強烈な左エルボーを落したアベディが、トップをキープする。

立ち上がってボディにパンチをアベディが入れるも、体の間が空き過ぎてヨウセフに立ち上がる隙を与えてしまう。残り2分、ケージ際にアベディを押し込んだヨウセフが、踵を払ってテイクダウンに成功する。アベディはクローズドガードから頭を引き寄せ、ブレイクを勝ち取る。残り50秒、スタンドに戻るとヨウセフが右フックを打ち込み、アベディをケージに押し込む。ヒザ蹴りを受けながら、ボディ、フック、アッパーを入れたヨウセフが飛びヒザを見せる。このままアベディをケージに押し込んだ状態でタイムアップを迎えたヨウセフだったが、スプリット判定で敗れた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN