この星の格闘技を追いかける

【Invicta05】タフファイト制したカフマン、敗れてスミス名をあげる

2013.04.06

<女子バンタム級/5分3R>
サラ・カフマン(カナダ)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
レスリー・スミス(米国)

小刻みなステップから、ワンツーを打ち込むカフマン。さらに左から右のダブルと軽快な動きを見せる。近距離では首相撲からヒザ蹴り、ケージにスミスを押し込んでいく。距離を取りなおした両者、カフマンはスミスの蹴りを捌いて、パンチを打ちこむ。左のジャブでスミスを牽制し、右を打ち込み、近距離になればヒザとエルボーを見せるカフマン。余裕の展開かと思ったが、スミスも左右のパンチから左ハイを放つなど、反撃に出る。逆に首相撲からカフマンをケージに押し込むシーンも見せたスミス、最後は真っ向から打ち合いを演じ初回が終了した。

2R、打ち合いで攻勢に出たスミス。首相撲合戦から、再び打ち合いのなか左ハイからパンチの連打でトップを取ったスミス。さらにパウンドからパス狙いと猛攻を仕掛ける。ローキックに連打から、インサイドガードに入ったスミスは、立ち上がって自らスタンド戦をカフマンに要求する。残り1分、右ジャブの連打から、右ハイ、さらに左ハイとカフマンを追い込むスミス。カフマンも右を返し、スミスの動きを一瞬止めると、そのまま組みついてケージまでドライブ。ここで2Rがタイムアップとなったが、スミスがカフマンを圧倒したラウンドとなった。

最終回、再び左ハイで攻勢に出るスミス。カフマンが完全に打撃モードになったかと思われたなか、残り3分にダブルレッグダイブで完璧なテイクダウンを奪う。寝技に執着することなく、すぐにスタンドに戻ったカフマン。まずはポイントメイク成功といったところだが、再びスミスの左ハイが襲いかかってくる。残り1分、足を止めての打ち合いの中、カフマンがダブルレッグを見せるも、スミスは持ちこたえ左ストレートを伸ばす。残り30秒、カフマンはノンストップでワンツーを繰り返し、頭が下がり気味になったスミスにクリーンヒットを続ける。

スミスも負けじと左ローや右を返すが、2Rのような勢いはない。壮絶な打ち合いの様相を呈したファイトは試合終了を迎え、ジャッジの裁定はスプリットでカフマンに凱歌が挙がった。「タフな相手だとは分かっていたわ。これまでの相手で一番、テクニシャンだったし。凄くタフな試合になった。インヴィクタで戦うことを許してくれたズッファにも感謝している」とカフマンが語ったタフマッチ。敗れて名をあげることとなったスミスは、「ジャッジが彼女を勝者にしたことは構わない。ファンに感謝している」とスッキリとした表情で語った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY