この星の格闘技を追いかける

【RFC25】公開計量終了、根津&SARAMI、王者対決、マルロン・サンドロ&キム・スーチョルも問題なく

Choi Mu-Gyueom vs Lee Yun-Jun【写真】激しく額をぶつけ合ってフェイスオフを行ったチェ・ムギョムとイ・ユンジュン(C)MMAPLANET

21日(金・現地時間)、明日22日(土・同)に韓国カンウォンド・ウォンジュのチアク体育館で開催されるROAD FC25の公開計量が同地のインター・ブルゴ・ホテルで行われた。

【写真】根津優太はパク・ヒョングンの伸ばしてきた拳を掻い潜って顔を近づけていった(C)MMAPLANET

【写真】根津優太はパク・ヒョングンの伸ばしてきた拳を掻い潜って顔を近づけていった(C)MMAPLANET

日本から根津優太、SARAMIの2選手が出場する同大会。対戦相手のパク・ヒョングン、パク・ジョンウンと揃って両者とも問題なく計量を終えた。同大会のメインは階級を越えたチャンピオン対決RFCフェザー級王者チェ・ムギョムとRFCバンタム級王者イ・ユンジュンが対戦する。

計量の結果、イ・ユンジュンの方が体重が重かったが、搾れているのはチェ・ムギョム。リカバリーした明日は、やはり体格差があることは否めないだろう。

そんな明日の試合を前にしてイ・ユンジュンが「明日はタイトル戦じゃないけど、2つの階級を制覇するつもりです。自分の持っているベルトは銀色だけど、明日の試合で金色のベルトを獲るつもりで戦います」と話すと、次にマイクを握ったチェ・ムギョムは「これ以上の挑発をする必要はない。明日は口でなく、チャンピオンの力を見せてやります。これまで相手に合わせて戦っていたので、自分のことを距離を取る退屈なファイターだと思っている人もいるようだけど、元々そういうファイターでないから、本当の姿を見せます」と言い切った。

【写真】余裕の表情のマルロン・サンドロに対し、非常に厳しい表情のままだったキム・スーチョル(C)MMAPLANET

【写真】余裕の表情のマルロン・サンドロに対し、非常に厳しい表情のままだったキム・スーチョル(C)MMAPLANET

7月25日の日本大会でその強さを見せたキム・スーチョルも今大会はフェザー級に階級を上げて、マルロン・サンドロと戦う。パンクラス、戦極、Bellator、再びパンクラスを経て韓国のMMA初登場となったサンドロは「この素晴らしい場所にいる、素晴らしい人々の前で良い試合をしたい」と笑顔で語り、ボブ・サップとハグ&握手を交わした。

一方、スーチョルは「これまでも『一生懸命頑張る』と言いづけてきたけど、明日もそうなるよう頑張ります」とキム・スーチョルは厳しい表情で語っている。

【写真】SARAMIは計量後に、対戦相手のパク・ジョンウンと共にボブ・サップの二の腕にぶら下がるパフォーマンス――って、誰のパフォーマンスか……(C)MMAPLANET

【写真】SARAMIは計量後に、対戦相手のパク・ジョンウンと共にボブ・サップの二の腕にぶら下がるパフォーマンス――って、誰のパフォーマンスか……(C)MMAPLANET

■ ROAD FC25計量結果

<フェザー級/5分3R>
チェ・ムギョム:65.7キロ
イム・ヒョンギュ:65.85キロ

<フェザー級/5分3R>
キム・スーチョル:65.7キロ
マルロン・サンドロ:65.9キロ

<ミドル級/5分3R>
キム・ネチョル:84.45キロ
ドン・シン:82.8キロ

<バンタム級/5分3R>
パク・ヒョンギュン:61.95キロ
根津優太:61.0キロ

<ウェルター級/5分3R>
キム・ソクモ:77.5キロ
オヌル・トルケル:77.25キロ

<女子アトム級/5分2R>
パク・ジョンウン:48.45キロ
SARAMI:48.85キロ

<バンタム級/5分2R>
ウ・ジェ:61.65キロ
クォン・ミンソク:63.7キロ

■ Young Guns 24 計量結果

<68キロ契約/5分2R>
ジョン・ドゥジェ:67.65キロ
キム・ウォンギ:67.9キロ

<ライト級/5分2R>
キ・ウォンビン:70.25キロ
パク・チョンイル:69.6キロ

<ライト級/5分2R>
チョ・ヨンジュン:70.4キロ
キム・ギョンピョ:70.3キロ

<フライ級/5分2R>
ユ・ジェナム:57.45キロ
カーン・カズガン:57.05キロ

<ライト級/5分2R>
キム・イサク:70.45キロ
パク・チャンソル:70.35キロ

<フライ級/5分2R>
カク・ジョンヒョン:57.45キロ
ジョン・ジュンフエ:57.4キロ

<ミドル級/5分2R>
ジョン・ヨンジュン:84.25キロ
チェ・インヨン:84.1キロ

<フェザー級/5分2R>
パク・ヘジン:71.25キロ
チェ・ジョンチャン:67.0キロ
※この試合は72キロキャッチウェイト戦に

<フライ級/5分2R>
キム・オウジェ:57.1キロ
イ・ウォンジュン:57.2キロ

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie