この星の格闘技を追いかける

【Bellator95】ジミー・リベラ、地元で危なげなくケルハー下す

2013.04.05

<140ポンド契約/5分3R>
ジミー・リベラ(米国)
Def.3-0:30-27,29-28,29-28
ブライアン・ケルハー(米国)

ROCバンタム級王者リベラ、対するはキャリア8勝3敗のケルハーだ。左ジャブから右を見せ、前に出るリベラ。ケルハーは右ミドルを放って、スッと距離を取る。タイガーシュルマンMMA所属らしく、空手流の左ミドル、左ハイを繰り出すリベラだが、右を受けて組みつかれる。ケージ際で体を入れ替え、距離を取りなおしたリベラが右から左フックを放つ。

ケルハーのダブルレッグからシングルでリベラはケージに押し込まれるも、ここも態勢を入れ替えて逆にケージに押し込んでいく。ダーティボクシングから再び距離を取ったリベラは、右ストレートをヒットする。残り90秒、リベラが左ミドルから左ローを見せ、左ジャブを伸ばす。ケルハーは右を打ち込みながら、ダブルレッグダイブで組みつくが、ここでも反対にリベラにケージに押し込まれてしまう。ダブルレッグでこの試合、最初のテイクダウンを奪ったリベラだったが、ここはケルハーもケージを使って立ち上がった。

2R、パンチから組みついていったリベラ。自ら距離を取ると、ケルハーのダイブを潰し、背中を伸ばしてバックに回り込む。立ち上がったケルハーが胸を合わすが、リベラはここでも自ら距離を取る。ケルハーの左ジャブに対し、左右のフックを見せたリベラが、続いて左ボディから右フックを決める。リベラは左ハイ、右ミドルと蹴り技を見せるとケルハーはここでも組みつくが、またしても態勢を入れ替えられる。ギロチンも中途半端なケルハーが、金網に押し込まれる展開が続く。

残り1分、ケルハーがようやくケージにリベラを押し込み、シングルでテイクダウンを狙うが、リベラはスクランブルから立ち上がり、逆にテイクダウンを奪う。そのままトップキープでラウンドを戦い切った。最終回、左ジャブを伸ばすリベラだが、ケルハーのアッパーを受け、左ヒザをマットにつく。リベラはすぐに組みついて息を整えると、離れ際に右フックをヒットする。接近戦でフック、ボディ、ハイを繰り出したリベラ。ケルハーはダブルレッグで尻餅をつかせ、そのままバックに回り込む。

ケージにもたれかかり、テイクダウンを逃れたリベラが、ヒザ蹴りから左ハイを繰り出す。リーチに優るケルハーが、ガチャガチャとした展開のなかでようやく攻勢に出るが、ケージに押し込んだところで流れが止る。右を差してテイクダウンを逃れたリベラは、シングルにギロチンを合せ、無理に押し込んできたケルハーをすかして体を入れ替える。

壁際でテイクダウンの攻防が続き、残り20秒でケルハーが首相撲からヒザ、離れてアッパーを見せる。ケルハーの左ミドルにテイクダウンを合せたリベラは、テイクダウンからパスに成功し、試合はタイムアップに。最終回は劣勢だったリベラだが、ケージに駆け上がり地元のファンに勝利をアピール。結果、予想通りジャッジ3者ともリベラを支持し、判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN