この星の格闘技を追いかける

【UFC190】公開計量終了、ロンダ「取っ組み合いが待てない」。ミノタウロはデラヒーバを帯同!!

7月31日(金・現地時間)、明日1日(土・同)にブラジル・リオデジャネイロのHSBCアリーナで開催されるUFC190「Rousey vs Correia」の公開計量が行われた。

メインでUFC世界女子バンタム級王座に挑戦するベチ・コヘイアはブラジル国旗を大きく掲げて入場、1ポンドアンダーで計量を終え笑顔を浮かべた。敵地で王座防衛戦を行うロンダ・ラウジーには驚いたことにコヘイア以上の声援が飛ぶ。いつものように後ろ手を組んでスケールに乗ったロンダは、これまでよりも目の周囲に張りがあり、減量が上手くいったように映った。

ステアダウンでもコヘイアが目を見開き、危険なゾーンに突入も「ブラジル人の女子王者が誕生する機会を得ることが夢だった。全てのブラジル人のために戦う」と笑顔を浮かべて語った。一方ロンダはここにきて大きなブーイングを受けてなお「騒いでくれてありがとう。感謝しているわ。ファンのサポートがなくても、ベチを相手で最高の試合をするわ。熱い声援をありがとう、喧嘩取っ組み合いが待てないわ」と、彼女も笑顔と共に話した。

ステファン・シュトルーフとの一戦に臨むアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラは、本格的にMMAで戦うようになる以前の師といえるヒカルド・デラヒーバを帯同して登壇。この一戦に賭ける想いが伝わってきた。なお第2試合のミドル級に出場するクリント・ヘスターが186.7ポンドで0.7ポンド・オーバーだったが、1時間後の再計量に臨むクリアしている。

■ UFC190 計量結果

<UFC女子バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者] ロンダ・ラウジー:135ポンド(61.24キロ)
[挑戦者] ベチ・コヘイア:134ポンド(60.78キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マウリシオ・“ショーグン”・フア:206ポンド(93.44キロ)
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ:206ポンド(93.44キロ)

<TUF Brazil 04 ライト級T決勝/5分3R>
グライコ・フランサ:156ポンド(70.76キロ)
フェルナンド・ブルーノ:155ポンド(70.31キロ)

<TUF Brazil 04 バンタム級T決勝/5分3R>
ジレノ・ロペス:135ポンド(61.24キロ)
ヘジナウド・ヴィエラ:135ポンド(61.24キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ステファン・シュトルーフ:265ポンド(120.20キロ)
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ:240ポンド(108.86キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アントニオ・ペイザォン・シウバ:265ポンド(120.20キロ)
ソア・パラレイ:264ポンド(119.75キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
クラウジア・ガデーリャ:116ポンド(52.62キロ)
ジェシカ・アギラ:116ポンド(52.62キロ)

<ウェルター級/5分3R>
デミアン・マイア:171ポンド(77.57キロ)
ニール・マグニ―:171ポンド(77.57キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ハファエル・フェイジャォン・カバウカンチ:205ポンド(92.99キロ)
パトリック・カミンズ:206ポンド(93.44キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ワルリー・アウベス:171ポンド(77.57キロ)
ノーディン・テレブ:171ポンド(77.57キロ)

<バンタム級/5分3R>
ユーリ・アルカンタラ:136ポンド(61.69キロ)
レアンドロ・イッサ:136ポンド(61.69キロ)

<ミドル級/5分3R>
ヴィトー・ミランダ:186ポンド(84.37キロ)
クリント・ヘスター:186ポンド(84.37キロ)

<バンタム級/5分3R>
ウゴ・ヴィアーナ:136ポンド(61.69キロ)
ギド・カネッティ:135ポンド(61.24キロ)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie