この星の格闘技を追いかける

【XCF】拳が届かないマーティン、無名ファイターに判定負け

2009.02.15

f6d503f0■第8試合ミドル級/5分3R
ザック・カミングス(米国)
Def.3R/2-1
テリー・マーティン(米国)


【写真】準メジャーのマーティンだが、右一辺倒の攻撃は通用しなくなっている (C)XCF

左ジャブから思い切りのいい右を狙うマーティン。サウスポーのカミングスは右ローから組ついていく。脇を一本さしたマーティンは、ケージを背にして姿勢を整えると、距離をとり右を放っていく。右ストレートに合わせて、シングルレッグを仕掛けたカミングスだが、ここでもマーティンはしっかりとケージを利用しテイクダウンを許さない。


再び距離を取った両者、マーティンは距離を詰めると、左フックをヒットさせる。左ハイキックを見せたカミングスだが、マーティンは前進を止めてない。と、ここで組ついたカミングス。テイクダウンこそ奪えないが、マーティンの得意とする距離は潰して試合を進める。

カミングスの右ジャブから左ストレートに、右を合わせようとするマーティン、カミングスは再びハイキックで距離を取ろうとする。シングルレッグを切り、右ストレートを放ったマーティンだが、カミングスはダッキングでかわし、互角の展開のまま1Rを終える。

2R、すぐに距離を詰めたマーティンだったが、反対にカミングスの左右のパンチがヒットする。投げからバックを窺ったカミングス、マーティンはすぐに立ち上がり態勢を整える。と、左ハイから不用意に前に出てきたカミングスに右をヒットさせ、ダウンを奪うことに成功する。必死に組ついて難を逃れたカミングスだったが、マーティンの右フックでダウン。

しかし、カミングスは直後にテイクダウンを奪うことに成功する。ギロチンを切りぬけ、マウントを奪ったクミングス。そのままバックマウントからパンチを連打し、リアネイキドチョークへ。2度、3度と腕を首に巻きつけるが、タップには至らない。そのままタイムアップとなったが、バックとマウントを取り続けたクミングスがまさかの攻勢を見せ、最終ラウンドへ。

3R、後のなくなったマーティンは素早く距離を詰めようとしたが、ここでカミングスがテイクダウンを仕掛ける。ここでトップを奪ったマーティンは、カミングスのキムラ・アームロックを耐えつつ、右のパウンドを落としていく。クローズドガードのカミングス、細かいパウンドを落とすマーティンは思ったようにラッシュを掛けることができずに、ブレイクに。

腕こそ振り回すが、足がついてこなくなったマーティンに対し、カミングスも疲れながら組ついてく。マーティンはバックを制し、テイクダウンを奪うが、潜ってくるカミングスに有効なパンチを落とせない。スタンドの攻防に戻り、カミングスが組つくと、試合時間はほとんど残っておらず、ここでタイムアップ。

UFCやストライクフォースという全米レベルの大会で名を売ったマーティンが、無名のカミングスに大苦戦を強いられ予想外の展開となったこの勝負、ジャッジの裁定は29-28、28-29、29-28のスプリットでカミングスの勝利となった。これで9戦9勝となったカミングス、メジャーへの道が開ける金星を挙げた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie