この星の格闘技を追いかける

【RFC24】高瀬、スプリット判定でドンシクに僅差の判定負け

Yoon-Dong-Sik【写真】2Rに右フックでダウンを奪ったドンシク、これが勝敗を分けたか(C)MMAPLANET

<88キロ級契約/5分3R>
ユン・ドンシク(韓国)
Def.2-1
高瀬大樹(日本)

ピンクに染めた髪・眉毛とダンサーを引き連れての入場でインパクトを残した高瀬。試合が始まるとサウスポーの高瀬がジャブと右のアウトローを蹴る。ドンシクは右ミドルを蹴り返してダブルレッグへ。テイクダウンの際で高瀬が上のポジションを取り、ハーフガードからパンチを落とす。

ここでブレイクとなり、試合はスタンドで再開。高瀬はサイドキックのモーションを見せ、ドンシクの前足にローを集める。ドンシクもインローを蹴り、パンチで距離を詰めて組みつこうとするが、高瀬はそれを許さない。しかしドンシクはボディロックからシングルレッグとしつこく組み続け、最終的に四つ組からの外掛けでテイクダウンを奪う。インサイドガードになったドンシクがパンチを落とし、ラウンド終了のホーンが鳴った。

2R、右手を下げた構えからジャブを突く高瀬。そこからいきなり右フックで飛び込む。ドンシクもインローを蹴り返すが、コンタクトが少なく、レフェリーが二人に注意を与える。再開後、ドンシクが右ストレートで飛び込んで左フック、高瀬も左右のフックを返して打ち合う。ここでドンシクのインローがローブローとなり、試合が一時中断される。

再開後、ジャブで距離を取りつつインローを蹴る高瀬。そこにドンシクが右のロングフックを合わせ、高瀬が後方にダウンする。一気にパウンドで猛攻するドンシク。高瀬もドンシクをクローズドガードに捉えて、追撃を許さない。残り10秒でブレイク、お互いに見合った状態で2Rが終わった。

3R、高瀬が右フックから距離を詰める。組みの攻防になるとドンシクがテイクダウンを奪うが、グラウンドの攻防にならずにスタンドへ。高瀬の立ち際に蹴ったドンシクのインローがローブローとなるが、試合はすぐに再開される。

半身に構えて蹴りを繰り出す高瀬。ドンシクが強引に距離を詰めてテイクダウンを狙うと、高瀬はドンシクのバックにするりと回り込む。両足をフックしてパンチを落とす高瀬は、RNCを狙いながらドンシクのガードの間からパンチをねじ込む。しかし残り10秒、ドンシクが腰を上げて高瀬を振り落とし、一気にパンチを連打する。

ここで試合終了となり、判定は2‐1でドンシクに軍配が挙がった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie