この星の格闘技を追いかける

【UFN72】腕十字極めかけ、バックコントロールをしっかり奪取したダナムがピアソン下す

<ライト級/5分3R>
エヴァン・ダナム(米国)
Def.3‐0:30‐27,30‐27,29‐28
ロス・ピアソン(英国)

ピアソンがダナムの左~右~左ハイをブロック、直後にダナムが左ミドルを決める。ピアソンは右ストレートをヒットすると、ダナムは組んで腰をコントロールしてテイクダウンへ。すぐにピアソンが立ち上がると、バックからヒザ、後方への投げを決める。ダナムはバックマウント取ると、RNC狙いでパンチを入れていく。エルボーを織り交ぜるダナムはピアソンを逃がさない。残り1分、腕十字にスイッチしたダナム。ピアソンの左腕が伸び切ったように見えるが、体を起こしていって腕を引き抜くことに成功する。ヒールもすぐに察知したピアソンはスタンドに戻ると、飛びヒザの着地からパンチを顔面に入れる。ここで初回が終わった。

2R、ピアソンの左ジャブにシングルレッグを合わせたダナムはパス狙いからパンチを落とす。エルボーを受けたピアソンはガードが割れ、パンチを受ける。ピアソンの立ち上がり際にバックを取ったダナムは前方へ崩そうとする。ワンフックのダナムは、一旦着地してボディロックからテイクダウン、ここで両足をフックする。四の字フックでピアソンに胸を合わすことを許さないダナムは引き続き後方からパンチを入れる。残り15秒で腕十字へ移行したダナムだが、これは時間が短すぎた。

最終回、ダナムはまず左ハイを狙う。ピアソンのボディに左ハイ、続く左フックにテイクダウンを狙うが、ピアソンがスプロール。続くテイクダウン狙いも切ったピアソンに対し、ダナムは3度目の正直とばかりにシングルからドライブ。左エルボーを入れ、さらにピアソンをケージに押し込むと、ピアソンはがぶってヒザを狙う。離れた直後に組んでケージにピアソンを押し込んだダナムだが、ボディにヒザを受ける。残り2分、初回&2Rを取ったという判断があるのだろう、ダナムはテイクダウンよりも押し込んで時間を使う。シングルで再び、ピアソンをケージに押し込むと右エルボーを入れる。ピアソンのヒザ蹴りにダブルへ移行したダナムは左フックを被弾しても組み続ける。最後にテイクダウンを決めたダナムが敵地で判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie