この星の格闘技を追いかける

【UFN72】カルダーウッドが地元でケイシーの腹を攻め立て判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
ジョアン・カルダーウッド(英国/9位)
Def.3-0:30-27,30-27,29-28
コートニー・ケイシー(米国)

左ローからパンチを伸ばして前に出るカルダーウッドだが、直後にケイシーの右から左のフックを受けて動きが止まる。そのままパンチのラッシュにさらされたカルダーウッドは、組んでケージに押し込み試合を一旦落ち着かせる。ここで飛びつきガードを見せたケイシーは頭を引き寄せエルボーを放つ。ケイシーは担がれそうになるが、後方回転からガードを取り直しアップキック。さらにヒールを仕掛けるもカルダーウッドがパンチを落とす。足関を互いに狙い、外してトップあらおしはカルダーウッドに軍配が挙がる。左右のパウンドを落とすカルダーウッド、ケイシーもエルボー&鉄槌をガードから放っていき初回が終わった。

2R、開始直後に首相撲からボディ、そして顔面にヒザを突き上げたカルダーウッド。さらにエルボーからアッパーを入れ、シングルレッグへ。ケイシーがマットに手をついている状況でヒザを入れたカルダーウッドだが、レフェリーは不問に。ケイシーは引き込みクローズドガードを取る。カルダーウッドはスタンドに戻ると、左フックを2発打ち込む。ケイシーも右を返すが、すかさずカルダーウッドも右ストレートから足払いでテイクダウンを奪う。左のエルボーを顔面に入れたカルダーウッドは、パンチからエルボーと一方的にケイシーを攻め続ける。スタンドに戻ったカルダーウッドが後ろ回し蹴りから組んでヒザをボディに突き刺す。左から右をカルダーウッドが打ち込むと、ケイシーも右も返したがこのラウンドは確実にカルダーウッドのモノとなった。

最終回、左ローから前蹴り、ヒザを入れたカルダーウッドは続く打ち合いでケイシーをケージに後退させると、スピニングエルボー、ボディストレートで攻め立てる。スピニングバックキックをボディに入れ、ダウンを奪ったカルダーウッドは、グラウンドで仕留めにくいとみるや、スタンドに戻り右ボディストレートを続ける。ケイシーもパンチを返すが腹を効かされ、前に出ることができない。首相撲からケイシーを押しつぶしたカルダーウッドは担いでパス。

すぐにスタンドに戻り、右ロー2発からヒザをボディに。倒れたケイシーを立ち上がらさせ、首相撲からエルボー、ケイシーはジャンピングガードもここから攻めに転ずることができない。残り1分、パウンドにも懸命に足を利かせるケイシーは、ヒザ十狙いへ。足を畳んで防いだカルダーウッドが臀部にパンチを入れる。最後まで粘ったケイシーにパウンドを入れ続けたカルダーウッドが判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie