この星の格闘技を追いかける

【UFN72】質的に厳しい一戦はリブーが、パッカランに判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ミカエル・リブー(フランス)
Def.3-0:30-27, 30-27, 29-28
ティーム・パッカラン(フィンランド)

いきなりテイクダウンを狙って組みついたパッカランだが、リブーが逆にケージに押し込む。体を入れ替えたパッカランが引き込みながら、そのまま上を取る。パッカランがハーフから左エルボーを落とす。リブーはマウントを許すが、すぐにハーフに戻す。パッカランはパス狙いもリブーが足を取ってリバーサル、トップへ。下になってもパッカランはキムラや腕十字と極めを狙う。

リブーはパス狙いから、反応を見て立ち上がると、飛び込みながら鉄槌を落としてサイドを奪取。正対して足を取ろうとしたパッカランだが、潰されガードを強いられる。バタフライガードを越えたリブーは腹固めチョーク狙い。腕を抜いたパッカランがトップを取り返しマウントへ。リブーがハーフに戻したところで初回が終了した。

2R、パッカランのテイクダウン狙いをリブーがスプロール。ここでパッカランは引き込んでガードを取る。スタンドに戻されたパッカランは、またもテイクダウン狙いを切られてパンチを顔面に受ける。それでもガードの中にリブーを入れたパッカランが足関節へ。足を抜いたリブーが左右のローをガードを取るパッカランに入れ、立ったままパウンドを狙う。レフェリーにスタンドに戻されたパッカランが粗い右フックを伸ばす。笑顔を浮かべたリブーは右ボディから左ジャブ、さらに右ボディストレートを見せる。パッカランが右のカウンターを入れたが、リブーの──これも荒いフックに圧されてテイクダウン狙いから引き込む。亀のパッカランの側頭部にヒザを擦らせるように落としたリブーは、ブレイクを命じれ試合はスタンドで再開する。

リブーは右ストレートを入れるが、パッカランのフックがヒット。リブーが右を打ち返すと、パッカランはテイクダウから引き込んでヒールフックへ。そのままパンチを入れて立ち上がったパッカランがトップを取る。パスに成功したパッカランはマウントへ。リブーはハーフ戻しスクランブルへ。両者が立ち上がったところで2Rが終わった。

最終回、パッカランが左右のフックを手打ちながら入れて前へ。組んだリブーがバックに回るとパッカランがスタンドでキムラを狙う。腕を抜かれ、頭からマットに突っ込むように寝技に移行したパッカランに対し、即レフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻ったパッカランが飛びヒザから、左ジャブを伸ばす。リブーも左ジャブを返すと、パッカランは低いテイクダウン狙いを潰される。リバーサルを決めかけたパッカランは、リブーが耐えると引き込みまたもブレイクで立ち上がる。

完全に疲れたパッカランはフックを空振りし態勢を乱すも、ついにシングルレッグを決めてトップを奪取。リブーのスイープ狙いを一度は防いだが、続くブリッジでひっくり返されてしまう。残り1分、立ち上がったリブーに対し、ガードを続けることで印象を悪くするパッカランは、スタンドに戻った直後にテイクダウン狙いから引き込む。ギロチンを失敗したリブーは、最後に両足ジャンプからパウンドを狙いタイムアップへ。

かなり厳しいレベルのスタンド&グラウンド戦は、リブーが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie