この星の格闘技を追いかける

【UFC158】3Rに渡る打撃戦の末、マクデッシが判定勝利

2013.03.17

<ライト級/5分3R>
ジョン・マクデッシ(カナダ)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
ダロン・クルックシャンク(米国)

小刻みにステップを踏む両者。クルックシャンクが左ジャブ、左ミドルのフェイントを見せる。マクデッシは右ローを放つと、クルックシャンクもローを返す。マクデッシは軽く左ミドル、クルックシャンクが右前蹴りをボディに見せる。クルックシャンクの右ローに、マクデッシは前に出て左ジャブを繰り出す。フェイントと神経戦が続くなか、クルックシャンクがスイッチを見せる。

マクデッシのサイドキックに組みつこうとしたクルックシャンクだが、ここは距離を取られる。サイドキックを見せるマクデッシ、クルックシャンクは左ミドルを返す。マクデッシもミドルを打つと、クルックシャンクは右ハイキック。蹴り技が多用されるなか、クルックシャンクが蹴りが急所に当たったとアピールし試合は中断する。再開後、やや距離が近づき、パンチと蹴りが交錯する。マクデッシは二段蹴り、クルックシャンクはエルボーと動きに変化をつける。

マクデッシはスピニングバックフィストのフェイント、クルックシャンクはダブルを見せる。完全に横を向いた構えからサイドキックを見せたクルックシャンク。両者、手数も精度も互角で判断の難しい1Rとなった。

2R、左ジャブの連打から間合いを外すクルックシャンク。マクデッシもスイッチを見せ、クルックシャンクのサイドキックを見究める。クルックシャンクのジャブは届かず、マクデッシの右ストレートはやや顔面をかすめる。前に出てクルックシャンクがアッパーを繰り出す。クルックシャンクのスピニングバックフィストのフェイントにマクデッシが右を打ち込む。

マクデッシがボディに後ろ回し蹴りを打ち込むと、試合は一気にヒートアップ。クルックシャンクが右ストレート、右ローを見せる。右をヒットさせたマクデッシが、左ジャブをダブルで決める。クルックシャンクも右を返し、サイドからフロントキックと手数を増やす。右ハイを着地し、そのままサイドキックにつないだクルックシャンクだが、マクデッシは綺麗なカウンターを見せ、最後は跳びヒザ蹴りを失敗したクルックシャンクに連打で襲いかかり2Rが終わった。

最終回、クルックシャンクはジャブから、右を伸ばす。サウスポーからサイドキックという変則的な攻めを見せるクルックシャンクだが、オーソに戻した際、左ジャブに右ストレートのカウンターを受ける。突きでバランスを崩させたマクデッシは、続いてクルックシャンクのダブルレッグダイブをディフェンス。クルックシャンクが打ち負けるシーンが多くなり、ついにテイクダウンから引き込むシーンも、

すぐに立ち上がったクルックシャンクのスピニングバックフィストは空振りに終わる。ボディにも後回し蹴りを蹴り込んだマクデッシの優勢が続く。ラウンド終盤、距離を詰めて打撃戦を繰り広げた両者だが、相手のパンチを遮断するような距離が多く、時間切れに。結果は、3-0でマクデッシが勝利した。

PR
PR

関連記事

Movie