この星の格闘技を追いかける

【UFN71】これがUFCか?! 金原正徳、やるべきことをやり抜くもヤヒーラにスプリットで下る……

<バンタム級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
金原正徳(日本)

飛びヒザからダブルで尻餅をつかされた金原が、スイッチを狙うもバックを許しそうになり一旦、背中をケージにつける。執拗に押し込んでくるヤヒーラに対し、背中を譲らない選択をした金原は、マットに背中を着けられそうになるが、ここもケージにもたれる態勢に戻していく。なかなか立ち上がることができない金原が、小手を巻いてスタンドへ。と同時に背中を譲ったが、すぐに胸を合わせる。

金原はケージに押し込まれた状態が続き、ヤヒーラの打撃に呼応すると低い姿勢で組み付かれ、またも尻餅をつかされる。バックを譲って立ち上がった金原、ヤヒーラは後方に倒れてRNCも、ここで胸を合わせた金原がトップを奪取する。試合がスタンドに戻ると、ヤヒーラはワンツーを入れて、非常に低い姿勢で組み付いてテイクダウンへ。金原は横三角を狙うも、右足を両足で挟まれ抜くことができない。ダメージこそないが、金原は初回を失った。

ポイントを先制したヤヒーラ、果たしてどこまでスタミナをロスしたか。金原はラウンドの入り方に気を付けたい。前に出る金原にワンツーを入れたヤヒーラ、金原は右アッパーを見せる。左ヒザを入れた金原は、スーパーマンパンチを見切り前蹴りをボディに入れる。ここで組みに来たヤヒーラから逆にテイクダウンを奪った金原は、ギロチンを冷静に対処しに掛かる。クローズドで固めるヤヒーラのギロチンは、頭をケージに入れられており極めるのは無理だ。頭が抜けると金原はマウントへ移行。足を戻したヤヒーラの背中をしっかりとつけさせ、ハーフでも潜らせない。

金原は太腿にヒジを入れ、左側にパスを狙う。3Rに向けて削ることが大切なこの局面で、金原はやるべきことをやっている。残り90秒、レフェリーがブレイクを命じる。直後にヤヒーラがワンツーからロー。これが急所に当たりインターバルを金原が要求する。再開後、左ミドルを金原が入れる。米国のファンは気付かないが、続いてボディもヒットしヤヒーラは構えを変えたように腹が聞かされている。しかし、直後に根性のテイクダウン狙いで尻餅をつかせたヤヒーラ。金原はギロチンを見せたが、ポイントを取り切ったラウンドとはならなかった。

最終回、金原はボディにヒザを2発入れ、左ストレートを入れる。ヤヒーラがサウスポーに構えると、金原はオーソへ。サウスポーに戻し左を入れた金原が続くテイクダウン狙いをスプロール。左ミドルを蹴り込み、左ボディフックで攻める金原。ヤヒーラは苦し紛れながら、得意の態勢に持ち込もうと低いテイクダウンを仕掛ける。

バックを取らせないように腹固めを狙いつつパンチを入れる金原。ヤヒーラのロールアウトを許さずに頭を押す。ヤヒーラはそれでも巻き込んでから両足を束ねるという予想通りのハードワークを見せる。動けないヤヒーラを見てレフェリーがブレイクを命じる。残り2分、金原はシングルレッグにも、しっかりと胸を肩に落としてスプロール。ヤヒーラはダブルレッグに移行するが、金原もケージ際に移動し押し込まれながらパンチを落とす。

しがみつくという印象の悪いファイトとなったヤヒーラに対し、クラッチを切れないがパンチを金原が入れ続ける。残り20秒でブレイクが掛かり、金原は左ミドルから左ボディフック。ここで試合はタイムアップに。試合前に語っていた通り、ハードな運動会ファイトを展開した金原。初回を失い、最終回を取っているが、問題は2Rだ。確実に腹を効かせていたが、最後の尻餅と比較してジャッジがどこまでそれを有効と取るか。

果たして──ジャッジは2人が29-28でヤヒーラを支持。納得はしたくないが、十分にあり得る裁定で金原はヤヒーラに敗れた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie