この星の格闘技を追いかける

【RFC24】高瀬大樹戦を前にユン・ドンシク <02>「本来のユン・ドンシクの姿を見せられたら」

Yoon Don Sik【写真】過去2戦は技術的には語るに足らないと本人が振り返る。それでもまとめて勝利を手にしており、復帰後最高のコンディションという今大会が楽しみなユン・ドンシクだ(C)MMAPLANET

25日(土)に東京都江東区の有明コロシアムで開催されるRoad FC24で高瀬大樹と戦うユン・ドンシクのインタビュー後編。

体重オーバーを抜きにして、高瀬をどのように評価しているのか。そして、自らの体調管理を尋ねていくと、ユン・ドンシクというファイターでなく、人となりが見えてきた。

<ユン・ドンシク インタビューPart.01はコチラから>

──付け入る隙があるとすれば、どこでしょうか。

「そうですね。無難に対応が出来ると思っていますが」

──ユン・ドンシク選手自身、昨年7月の福田力戦よりも、アミルカウ・アウベス戦では、かなりコンディションも上向きだと感じられました。現状で体調はいかがですか。

「若いころのような状態まではいかないですが、ROAD FC契約後では最高のコンディションです」

――強くなる、体調管理、どちらに力を入れてトレーニングを積んでいますか。また、その場合、どのような練習に力を入れていますか。

「体調管理ですね。体調管理が優先されなければいけないでしょう。減量をしなくてもいいように山間部トレーニングや水泳をしながら健康管理に力を入れています」

──福田戦とアウベス戦のユン・ドンシク選手自身が感じた違いはどこでしょうか。

「福田力選手との試合では準備が出来ていませんでした。その時は身体的にも駄目でしたので、どの選手とぶつかっても劣っていた状態でした。

正直、少し落ち込みました。次の試合では一生懸命準備したのですが、長い間ブランクをあったためか、コンディションがあまり万全にまで戻ってきませんでした。でも、悪ければ悪いなりに『勝つ』という目標を立てることができていたようです。なので、この2試合は技術的にも身体的にも何も語ることは出来ません。今回の試合から本来のユン・ドンシクの姿を見せられたら、と思います」

――本来のユン・ドンシク選手とは、あえていえばどのようなファイターだと自己分析できますか。

「柔道選手の時の私、と考えてもらえれば早いですね。以前、韓国のサッカー選手のパク・チソン(朴智星)が『サッカーは上手くなりたいけど、有名になるのは嫌です。平凡でいたい』と言っていたのですが、私も同じです。格闘技は強く、上手くなりたいですが、だからといってスポットライトに当たることは好きではないです。この質問に答えるのは、難しいですね。ハッハッハ」

──今大会では福田選手がジョン・オジンとミドル級王座決定戦を戦います。どちらがチャンピオンになると予想していますか。

「あまり分かりません。ジョン・オジン選手とは顔を合わせたこともないですし。福田選手とは挨拶もしますし、試合もしたので『福田力選手』と言いたいですが、韓国人は同じ韓国の選手を応援しないと、ですね」

──では、最後に日本のファンへメッセージをお願いします。

「日本には良い思い出がたくさんあります。私が若い時から一人暮らしもしたことがありますし、一人で過ごすことが好きで、個人主義的なものが身につきました。なので、日本へ初めて行って過ごしてみたら、とても肌に合いました。一人でご飯を食べること……誰かと一緒にご飯に行かなければならないという必要もなく。

そして日本多くの時間を過ごして来たなかで、桜庭選手という最高に有名な選手と共に練習することが出来て本当に嬉しかったですし、光栄でした。他にも多くの日本人格闘家とも知り合い、道場にいた一般の会員さんとも仲良くなったり、日本に対しては本当に良い感情しか持っていません。

『引退する前に、もう一度日本で試合が出来るのか?』と思っていましたが、ROAD FCが日本に進出することとなり、そして韓国の団体が日本で大会を行うことなど想像もしていなかったので、より喜び、感慨深いものがあります。

まだ私を覚えていてくれて、会場までお越し頂けるならば、最善を尽くして、勝つ試合をお見せしたいです」

■ ROAD FC 24 対戦カード

<RFCミドル級王座決定戦/5分3R+Ex>
福田力(日本)
ジョン・オジン(韓国)

<無差別級/5分3R>
カルロス・トヨタ(日本)
チェ・ホンマン(韓国)

<ヘビー級/5分3R>
川口雄介(日本)
チェ・ムベ(韓国)

<ミドル級/5分3R>
ミノワマン(日本)
キム・デソン(韓国)

<バンタム級/5分3R>
中原太陽(日本)
キム・スーチョル(韓国)

<88キロ級契約/5分3R>
高瀬大樹(日本)
ユン・ドンシク(韓国)

<女子アトム級/5分2R>
しなしさとこ(日本)
イ・イェジ(韓国)

<ライト級/5分2R>
大原樹里(日本)
イ・グァンヒ(韓国)

■ YOUNG GUNS 23 対戦カード

<フェザー級/5分2R>
今野寛和(日本)
ホン・ヨンギ(韓国)

<バンタム級/5分2R>
佐藤将光(日本)
キム・ミンウ(韓国)

<フェザー級/5分2R>
原井徹(日本)
キム・ホジュン(韓国)

<フライ級/5分2R>
南出剛(日本)
キム・ヒョリョン(韓国)

<フェザー級/5分2R>
榎本明(日本)
ベク・スンミン(韓国)

<ミドル級/5分2R>
尾崎広樹(日本)
中村勇太(日本)

<フェザー級/5分2R>
鷹島大樹(日本)
杉山和史(日本)

<フェザー/5分2R>
小金翔(日本)
沢井隼人(日本)

<バンタム級/5分2R>
大場翔(日本)
金井卓也(日本)

<ウェルター級/5分2R>
鈴木友希(日本)
田辺丈人(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie