この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】岡見、テイクダウンでロンバードとの接戦を制す

<ミドル級/5分3R>
岡見勇信(日本)
Def.2-1:29-28,28-29,29-28
ヘクター・ロンバード(豪州)

前に出てくるロンバード、左回りの岡見に足を止めてショートフックを左右で見舞う。ローをキャッチした岡見は、そのままシングルでテイクダウンに成功する。脇を差して立ち上がったロンバード、岡見はスッと距離を取る。ロンバードはボディのフェイント、岡見は右ハイを見せる。右ジャブ、右フックで前に出てくるロンバードに対し、岡見は左ジャブを伸ばすが、ケージ際でパンチを被弾する。再びシングルから、差し上げテイクダウンに成功した岡見は、右のパウンドを落す。

頭を胸につけて立ち上がらせない岡見は、右足を抜いてハーフからパウンドを落す。潜るロンバード、岡見はがぶるが立ち上がられてしまう。ケージにロンバードを押し込んだ岡見は右を差してヒザを突き上げる。ボディへのヒザで、一瞬、体が沈んだロンバード。その打撃の勢いと、岡見のテイクダウン、ジャッジはどちらを取るだろうか。

2R、ヒザを入れた岡見。右ジャブを伸ばすが、その右のガードは低い。それでも右ストレートで、ロンバードの前進を止める岡見。ロンバードはやや疲れたか、踏み込みが甘くなる。ヒザも立ってきたロンバードに、岡見はワンツーを入れる。ロンバードの前進をかわすと、続いてシングルレッグからクリーンテイクダウンを奪取。

ロンバードを削りに掛かった岡見、脇を差させずしっかりと抑え込む。パスからマウントまで狙う勢いを見せる岡見は、2度目のトライでマウントへ。残り30秒、岡見は思い切り右エルボーを落し、2Rを完全に自らのラウンドとした。

左右のパンチを振りまわして前に出てくるロンバード。岡見もヒザを見せ、ボディを受けながらも首相撲からヒザを突き上げる。テイクダウン狙いを潰され、下になってしまった岡見はガードから腰をコントロールする。左エルボーをみせたロンバード、シングルに出た岡見が持ち上げようとするとバックを伺う。

執拗にシングルを仕掛けた岡見だが、ここで自ら引き込む。立ち上がってヒザ蹴りを見せた岡見が距離を取る。再び組みつきにいって、ガードを取った岡見。潜りからシングルに出る岡見は、そこからバタフライガードへ。背中をつけさせられた岡見は、クロードドガードを取った状態で最終回を戦い終えた。

2Rは岡見、3Rはロンバード。1Rの攻防をどのように裁定されるか。結果、岡見がスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie