この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】ドンヒョンが鉄壁のコントロールでシアーに圧勝

<ウェルター級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
シアー・バハドゥルサダ(オランダ)

左ミドルを見せたドンヒョンが、続いて前蹴りを繰り出す。距離を詰めるドンヒョン、ケージ際を移動し、組みつかれてもいなすシアー。ドンヒョンの左ハイをブロックしたシアーは、左ジャブから思い切り右を振るう。ドンヒョンのハイを受け止めて組みついたシアー、すぐに打撃の間合いに戻る。ドンヒョンはダブルはスプロールされるが、ケージに押し込んでテイクダウンを奪うと、マウントへ移行する。両脇を差して、しがみつくシアーに勢いのあるパウンドを落せないドンヒョンは、細かいエルボーを放っていく。

クラッチを解き、ブリッジに合わせてバックに回ったドンヒョン。シアーは立ち上がるも、ドンヒョンが四の字フックから、グラウンドに戻ったところで初回が終了した。2R、右ストレートからフックを放ち前に出るシアーだが、ドンヒョンはスッと距離を取る。左ハイを狙ったシアー、テイクダウン狙いはスプロールする。と、ドンヒョンはシングルレッグからテイクダウンに成功、そのままサイドへ。マウントを許さないシアーだが、しっかりと背中をマットにつけられる状態が続く。苦し紛れのヒザ蹴りをボディに入れるぐらいしか、手のないシアー。反転して、シングルを狙うも体重を掛けられ、背中を伸ばされると再び、マウントを許してしまう。

エルボーを落すドンヒョン、2発、3発と左エルボーを重ねる。足を戻せないシアーは、ここでもしがみつくしかなく、エルボーを受ける。ダブルチョップからパウンドを落したドンヒョンが、左のパウンドを落しながら2Rもモノにした。

最終回、右を打ち込むが、フォローの左が当たらないシアーはまたも簡単にシングルレッグでテイクダウンを許す。サイドからマウント奪取のドンヒョンが肩固めへ。ニーインとヒザ蹴りのコンビネーションから、肩固めを続けるドンヒョン。シアーは頭の後ろでクラッチし、絞めは許さないが、マウントから逃れることができない。会場がブーイングに包まれるなか、マウントから強烈なエルボーをドンヒョンが3度落し、パウンドから鉄槌の連打へ。ダブルチョップは当たっていないが、とにかく手を出すドンヒョン。一度はポジションを崩されそうになったが、上四方からサイドに回り鉄壁のトップコントロールを見せ、当然のようにフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie