この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】歓喜の涙、(泣き虫)水垣がスプリット判定で勝利

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥 (日本)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
ブライアン・キャラウェイ (米国)

頭の高さを変えてフェイントをかける水垣に対し、ローを繰り出したキャラウェイが組みついてケージに押しこんでいく。テイクダウン狙いに対し、的確な反応を見せる水垣は距離を取りなおすと、右ストレートを伸ばす。左ジャブを伸ばし距離を計る水垣、シングルで尻餅をつくがすぐに立ち上がる。と、この攻防で観客席から歓声が挙がる。キャラウェイの左を受け、右を返す水垣は、続いて右をヒットさせる。左アッパーで踏み込んで、右を打ち込んだ水垣に対し、キャラウェイはパンチから隙を見ては組みついていく。残り10秒、バックに回ったキャラウェイがバックマウントの状態で1R終了を迎えた。

やや狙いすぎのきらいがある水垣だが、しっかりと右を打ち込み左ボディを見せる。ダブルで組んできたキャラウェイは、シングルに組み換え、さらにダブルと執拗にテイクダウンを狙う。ヒザをついて耐えていた水垣は、バックを許しながら立ち上がり距離を取る。左ボディフックで前に出た水垣、続いて左フックをヒットさせる。

キャラウェイの踏み込みに右を合せた水垣は、左回りから右を伸ばす。と、水垣の踏み込みに右を合せたキャラウェイがダウンを奪う。すぐに起き上がろうとした水垣にギロチンを仕掛けたキャラウェイ。かないタイトに絞め上げられたように見えた水垣だが、なんとか首を引抜くとマウント、バックマウントから絞めも凌いでハーフへ戻る。そこにエルボーを入れたキャラウェイが、2Rを完全に制した。

最終回、左ローを入れた水垣。右を入れるも、キャラウェイも左を返す。左ボディから右フックを狙う水垣、続くパンチの攻防のなかで水垣が右でダウンを奪う。組みついて間を取ったキャラウェイに左ストレートをヒットさせた水垣は、テイクダウン狙いを切ってヒザを突き上げ、パンチにつなげる。水垣は再度、左を打ち込む。テイクダウン狙いとダーティボクシングの連係を見せたキャラウェイ、水垣は組まれ際に右を打ち込む。

腰をコントロールしてくるキャラウェイ、水垣はケージを背にして耐える。ヒザを打ちこまれても離れないキャラウェイ。シングルを切った水垣が、パンチを被弾しながらも立ち上がる。残り20秒、ワンツーを伸ばす水垣。距離を取るキャラウェイ、水垣は左を打ち込んで試合終了のホーンを聞いた。

2Rはキャラウェイ、最終回は水垣。問題は1R――。結果、スプリットで判定を手にした水垣。涙にくれ言葉にならないコメントで、泣き虫キャラを確立させた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie