この星の格闘技を追いかける

【UFN70】左フック振り回すマルチネスにカカイがTD決め続け、判定勝利

<バンタム級/5分3R>
サーワン・カカイ(スウェーデン)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ダニー・マルチネス(米国)

サウスポー&強打のマルチネスが左ミドルを放つ。ワンツーを返す、ATT所属のカカイ。さらに左ジャブを伸ばすと、マルチネスも左フック&左アッパーを見せる。カカイはダブルレッグからドライブし、テイクダウンに成功。マルチネスの立ち上がり際にバックを取り、正面に回り込むとヒザを突きあげる。離れてからもカカイはワンツーを入れ、マルチネスのフックの連打にボディへのヒザ蹴りでダウンを奪う。

パウンドを受けながら立ち上がったマルチネスは、とにかく左を返していくがボディから顔面にヒザ蹴りを再度受け、ヒジを連続で被弾する。マルチネスのギロチンはルーズですぐにカカイは頭を引き抜く。マルチネスは左ボディフックから左ハイで前に出ると、逆にヒザを入れる。終了間際に左フックの連打で逆襲に出たマルチネスだが、ラウンドをカカイのものとなった。

2R、大きな振りの左フックを見せるマルチネス。口を開けており、スタミナも心配だ。真っ直ぐ系のパンチとフックのコンビネーションを繰り出すカカイは、ここでもダブルレッグでテイクダウンに成功する。立ち上がったマルチネスはヒザ蹴りを2発貰い、再び尻餅をつかされる。立ち上がっても前方に崩されバックを許しそうになるマルチネスに対し、カカイはチョークのプレッシャーを強める。残り30秒、スタンドに戻ったカカイはヒザ蹴りをアゴ先に突き上げるが、マルチネスも飛びヒザからパンチを振るうなど戦意は衰えていないところは見せた。

3R、左ジャブから右フックを放つカカイに、マルチネスは左フックを振るう。接近戦ではエルボーを織り交ぜて戦うカカイ。左ボディフックを入れたマルチネスは、ようやく右フックもヒットさせる。カカイのテイクダウン狙いを首相撲で受け止め、ヒザを見せたマルチネスは逆転を掛けて手を出すが空振りが多い。残り2分を切った直後に一気にダブルレッグでテイクダウンしたカカイがバックに。立ち上がったマルチネスにヒザ蹴りを入れると、左側からのフックを見切ったようにガードを下げて挑発。試合終了と同時に雄叫びを挙げたカカイが、フルマークで判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie