この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】カサレスがスプリット判定でギョンホを撃破

<バンタム級/5分3R>
アレックス・カサレス(米国)
Def.2-1:29-28,28-29,29-28
カン・ギョンホ(韓国)

サウスポーのカサレスが右ジャブを伸ばすが、ギョンホが組みついてテイクダウンに成功する。右のパンチを勢いよく落すギョンホは、左足を一本抜いてからパスへ。立ち上がったカサレスだが、バックを許し後方に大きく投げられる。左エルボーを落したギョンホに対し、カサレスは腕十字を仕掛け、その反応に合わせて立ち上がる。すぐにバックを取ったギョンホが、グラウンドに持ち込みバックマウントへ。

胸を合せたカサレス、ここから互いにトップを取り合うスクランブルの攻防の末、試合はスタンドへ。右ストレートを伸ばすギョンホだが、ローを受けてバランスを崩す場面も。ヒザ蹴りから前に出るカサレス、両者がアグレッシブな姿勢を見せた初回が終了した。

2R、開始30秒前にテイクダウンを決めたギョンホ。ハーフからパスを狙うも、カサレスも足を戻していく。蹴り上げから立ち上がったカサレスに右ミドルを蹴り込むギョンホ。テイクダウンのフェイントを織り交ぜ、右フックから組みついていく。後方への投げを狙ったギョンホだが、カサレスが潰してトップからパウンドを見せる。すぐにシングルからトップを取り返したギョンホは、カサレスの腕十字狙いを潰してトップキープ。ギョンホが足を畳みながらパスに成功するも、カサレスもガードに戻しリバーサルへ。

トップを取り返したカサレスが、シングル狙いを潰すもギョンホが最後はボディロックからトップを奪取する。ガードからエルボーを出すカサレスだが、ガードを強いられた状態で2Rを戦い終えた。最終回、右ジャブを伸ばすカサレスに右フックを振るいながら距離を詰めるギョンホが、蹴り足を掴んで足を払うもバランスを崩してガードを強いられる。

ここぞとばかりにパウンドを落すカサレスが、ギョンホが起き上がってきたところでギロチンへ。首を引抜くも、背中をマットにつけざるを得なくなったギョンホは、再び潜りからシングルへ。首を殺し、頭を付けるカサレスだが、ギョンホは起き上がってダブルからドライブ。そのままテイクダウンを奪う。

左のパンチを落すギョンホは、カサレスの三角狙いを察知し距離をとる。この隙に立ち上がったカサレスが、逆にトップを奪い返す。ギョンホの腕十字を潰して背中に回ったカサレスは立ち上がる。シングルで組みついたギョンホ。残り1分を切り、スクールボーイで背中を付けさせたカサレスが、マウントへ。ブリッジから立ち上がろうとしたギョンホだが、カサレスがそれを許さずパウンドを落していく。ギョンホが足に組みついたところでタイムアップに、結果スプリットでカサレスが判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie